忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3870] [3869] [3868] [3867] [3866] [3865] [3864] [3863] [3862] [3861] [3860]

「少年ハリウッド(第2期)」 5→6

 やっぱり少ハリは少ハリだった。この理由のよく分からない中毒性、漠然とした不安を抱え続ける話作り。今まで数々のアニメを観てきたが、こういうジャンルってのは一切食指が動かないのが基本だったのだ。ひょっとしたら、私の中でパラダイムシフトが起こったという意味で、今年最大の出会いはこの「少ハリ」だったのかもしれない。

 2期目がスタートするにあたって、「少ハリの面々が本当にアイドルになっちゃったら1期目みたいなもぞもぞする変な楽しみ方は出来なくなるよねー」と心配したわけだが、こいつらにそんな心配は無用だった。確かにアイドルとしては大きく成長した。ファンの数は一気に増え、アイドルとしての自覚も出てきて人気もうなぎ登り。このままあとは「マジLOVE」レベルのアイドルにのし上がれるかと思ったら、まー、ハリウッド東京にそんな無責任な夢物語は起こるはずもなく。今期も握手の仕方で悩んでみたり、センターの奪い合いでお互いに「結局アイドルって楽しいのかね」と探り合ってみたり。どこまで言っても「アイドルの華々しさ」よりも「裏側に横たわる少年の青臭い悩み」をベースに繰り広げられたお話だった。クライマックスとなるハリウッド東京乗っ取り事件についても、結局は自分たちの中のアイドル像を探るだけで完結して、大きな変革なんかなかったわけだしね。でも、それで良いのです。こいつらも将来は結局大道具係になったりケーキ屋開いたりしそうだよなぁ。シャチョウはシャチョウのままなのに。

 1期と比べると流石に露骨な遊び要素は減っているが、それでもキラの初恋話を今更盛り上げてみたり、トミー初主演のドラマがダラダラ垂れ流されたり、1期同様に変なところで刺さるエピソードは多い。個人的にはメンバーの中では(どこぞの妹さんと同様)生馬が一番のお気に入りなので、センター奪取話でのガチテンションは割と新鮮だったし楽しかった。もちろん、一番のお気に入りはキャットメイン回だけどね。このアニメ、狙っている層は当然腐女子を中心としたおねーさん層なのだろうが……こんだけ好き勝手に遊んでて正当なニーズに応えているのだろうか……まぁ、僕が楽しめりゃどうでもいいんですけどね。

 結局、作中で一番目立たないのが颯っていうのは変わらなかったよな……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター