忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3865] [3864] [3863] [3862] [3861] [3860] [3859] [3858] [3857] [3856] [3855]

「蒼穹のファフナー EXODUS」 5→5

 まー、1期目のファンだった人前提のアニメですよね。全く記憶が無い人間が突然追いかけて理解できるようなないようにはなっていなかったので、合う合わない以前に私は観る権利のない人間であった。

 とはいっても、実は案外毎週しっかり観られたのが不思議なところで。ここまで雰囲気を統一してじっとりと見せてくれるSFものってのも最近は珍しくなっており、とにかく毎週毎週なんだか不穏なことばかりを漏らし、「なんか分からんけど人類が酷い事になっている」感が出てくれるだけでも割と楽しめてしまった。最近だとこの手の「どうしようもないものになんとか立ち向かうよ」作品としては「進撃の巨人」がある(あとある意味ファフニールも同じような設定ではある)が、今作の敵対存在であるフェストゥムは飛び抜けて気持ち悪いのが特徴。話が通じないかと思ったら何となく意思疎通してきやがるし、話が分かるのかと思ったらやっぱり問答無用で敵だし。

 そして何と言っても、ファフナーといえばエヴァを源流とした「鬱ロボットもの」の極みである、「ファフナーに乗るだけでもう色々アレ」という設定がゴリゴリ前に出てくるのがキモくて愉快。人智を越えた兵器に搭乗しなきゃいけない青少年たちは毎回大変だ。「人と化け物の悲劇」に加えて「人の中での悲劇」も並行して進行し、基本的にどこにも救いが無いのが今作最大の売りであり、見どころである。そういう意味では、毎回アホなGレコ、そして何も考える必要のない「幸腹」に挟まれて、直下式のバックドロップぐらいの高低差で叩きつけられていたのも良いセッティングだったのかも。ロボ作画についても「Gレコ」とは全く異なった理念で構成されており、一見すると無機物の塊であるファフナーと、なにがなにやらよく分からないフェストゥムは全然違うのに、戦闘シーンを見ていると結局両者が同一存在として溶けていく感覚があるのが楽しい。このあたりのベースとなる雰囲気作りは、おそらく本作スタッフが一番力を入れたところなんだろうなぁ。

 まぁ、分からないなりに何となく面白かったです。理解しようと思ったら1期見直して、劇場版まで見ないといけないらしいのがなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター