忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4343] [4342] [4341] [4340] [4339] [4338] [4337] [4336] [4335] [4334] [4333]

「コメット・ルシファー」 5→3

 今期を代表する「どうしてこうなった」系作品。まぁ、今にして振り返ると1話目時点で既にシナリオが不安な様子は色々と突っ込まれているが、そうした不安が全て解消せず、それ以外の部分でもボロボロとほころんで、そのまま沈んでいった印象の作品だ。オリジナル作品が難しいのは分かるが、こういう作品って定期的に出てくるのは切ないことである。「ガリレイドンナ」とか「アルジェヴォルン」とか。世界観の不備っていう点では「プラメモ」とか「ギルクラ」も近いと言えなくもない。

 映像面でグダったことも大きな失点ではあるが、やはり今作で最大のポイントは訳の分からないシナリオ面であろう。1話目時点では「まぁ、説明があるやろ」というので流した突っ込みポイントもほとんど説明などされず、世界は無尽蔵に広がっていく一方。そして、「広がっているよ!」と作中では大々的に訴えているものの、元々どの程度の広さかも分からないところでさらに知らん要素が出てきても、まず規準にするべき尺度が用意されていないのだから判断のしようがない。途中、執拗に「冒険の旅」やらなんやらと謳っていたが、結局ソウゴたちが歩き回っていた謎フィールドは遠くだったのか近くだったのか。この星の常識・文化レベル・キャラクターたちの視界の広さが分からないことには、そこにドキドキワクワクが生まれようもない。

 そして、集約するのはこの手の世界ではお約束の「実は結社が企んでいまして」からの「星の命を見る上位存在のパッワー!」である。ゴセイジャーでブラジラさんがやってたことと大体一緒(?)。「エウレカセブン」「忘念のザムド」と並ぶボンズ作品でも似たようなセッティングが見られたが、あちらは4クール・2クールという尺だったからこそ出来た部分があり(まぁ、ザムドはやりきったかどうかは微妙なところだが)、今作は1クールでその規模の話をやろうとしていたわけだ。結果、主人公チームを含めたキャラクターたちが駆け足で物語の筋立てを回収する必要が生まれ、さらにその筋立て自体がよく分からないとあっては、もう何がなにやら。全ての要素について「まぁ、そういうものなんかな」と納得して進むしかないのだが、そうして「抵抗を覚えながらも設定を飲み込む」ことで得られるペイがなくて、立て続けに「じゃぁ、次は何も言わずにこれも飲んで下さい」とひたすら苦しい延命治療を受けさせられている気分である。途中からはまともに見るモチベーションを失ってしまっていたのでなおさら駄目になってしまったが、最後まで頑張って視聴して、この世界の設定を全て飲み込めた視聴者はどれくらいいるのだろう。そして、そうした人たちは最終回でちゃんと満たされることが出来たのだろうか。

 一応、本作の売りと見るべき部分はロボット戦闘にあったと思う。エイトビット謹製のロボCGは相変わらずの出来映えだったので、そこだけを見れば決して悪いものではない。しかし、「IS」の時と同様、それ以外の部分がボロボロになっており、ちょっとやそっとロボットが頑張ったところでどうなるものでもない。というか、ロボばかりが安定して動くことで、それ以外のパートの寂しさがより際だってしまっている。いっそのことエイトビットはサンジゲンみたいに徹底したCG作画にした方が据わりが良くなるのではなかろうか。少なくとも今作のキャラクターには魅力を感じる部分はほとんど無かった。一応じゃも虫の元の設定は嫌いじゃなかったんだけど、そんなじゃもも何故か大して可愛くない女の子にメタモルフォーゼさせるという謎采配。フェリアが成長したり、今作スタッフは何故いちいちキャラの魅力を削ぎにくるのか。あれかな、「エウレカセブン」のエウレカの変化みたいなのを表現したかったのかな。1クールでぇ?

 本作の個人的な最大の売りは、大橋彩香・水瀬いのりという同年代の2人ががっつり絡む初めての作品だったこと。この2人、歳は近いけどまったく噛み合わなそうだよな……。

拍手

PR

コメント
無題
初めてコメントいたしますが、この作品
わけがわかんなかったすねぇ…いやはやひどかった。

私は去年のアルジェヴォルンも見ておりましたが
あれは2クール目以降主人公がまともになり、部隊の皆と
成長していったこと、ジェイミーのがんばり等は良かったと思うのです。
ですがコメルシは、キャラに何の魅力も感じられず
1話目からツッコミ所だらけ、面白い!という点が見つけられませんでした。

唯一良かったのはOP曲。fhanaの曲はほんとに好きなのに
肝心のアニメの内容がこれでは…ああ無常。
【2015/12/21 19:58】 NAME[LIN] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
コメント、ありがとうございます。
そうそう、OPは良曲でした。fhanaは毎度毎度高音が尋常じゃない聞かせ方で痺れますね。こないだ放送されたアニサマでのパフォーマンスも圧巻でした。

今作は一応、「こういう雰囲気がやりたい作品なんやろなぁ」っていうのは何となく分かる気もするんですけど。何をするにしても尺も予算もたりない、みたいな印象が拭えませんでしたね。多分1クールオリジナルで通すべき企画じゃなかったんだろなぁ。いや、尺があったらどうにかなったのかは分かりませんが。
【2015/12/21 23:03】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター