忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4338] [4337] [4336] [4335] [4334] [4333] [4332] [4331] [4330] [4329] [4328]

「落第騎士の英雄譚」 5→6

 先んじて「新妹魔王」の感想で「今期は割とラノベものの平均値が高いので」みたいなことを書いたのだが、その最右翼がこちらの作品。開始直後の「まーたやってやがる」という印象からは随分嬉しい誤算になった。やっぱりアニメってのはいくらでも作りようがあるもんだ。

 新番チェックの中で、私は「ひょっとしたら単なる俺ツエー主人公とチョロインのお話っていうだけではないかもしれないぞ?という期待も持てるかも」という風に書いて何らかの期待感みたいなものは匂わせていたのだが、今作の場合、驚くべきことに作品の内容は「俺ツエー主人公とチョロインのお話」以外のなにものでもない。一輝のことを「俺ツエー」なんて言葉で説明しようとすると齟齬が生じてしまう可能性もあるが、基本的に彼も「選ばれし家に生まれ、選ばれし特別な能力を持つ主人公」であり、描き方次第では本当に「俺ツエー」で終わってしまう可能性もあった。ヒロイン・ステラもチョロいのは間違いないし、1話目の導入でのイカレてるとしか思えないいちゃもんの付け方なんかからはラノベにありがちな負の印象が優先していた。それでも、そこからの展開が王道のバトル漫画のそれであり、その中で、嫌味なくメインキャラクターを描いていくことで、少しずつ「まーたやってやがる」感は薄れていった。正直、最初にテロリストをやっつけてるあたりはまだ「どないやねん」感が残っていたものの、キャラクターが出揃い、最初の大きなイベントである松岡越えを果たしたあたりがはっきりした転機だったろうか。今作の売りは独特の映像演出で見せるバトルシーンにある。「剣武祭」なんて分かりやすい舞台、そしていかにも主人公らしい分かりやすい能力。それを特に茶化すでなく、真正面から強さの体現として描き、勧善懲悪でまかり通る。その堂々たる戦いっぷりでヒロイン勢をメロメロにし、元からベタぼれだった妹ちゃんの人権もしっかり守る。一輝の主人公としての自覚と責任が、陳腐なラノベストーリーをがっちりした「王道」に持ち上げた。ラブコメ部分についても、一輝・ステラのカップルは実にまっとうに、付け入る隙のない恋愛をしてくれちゃっているので、最後の最後に結ばれるまで、こちらとしては親御さんのように温かい目で見守ってやるしかない。余計な戯言に逃げない主人公ってのはそれだけで好感度が高いね。

 中盤以降はいちいちバトルが見せ場として機能し、オープニングテーマの歌詞の通り、「高みを目指す」という純粋な目的意識で研鑽するキャラクターたちは清々しく見守ることが出来るようになり、会長VS妹の試合が1つ目のクライマックス。最近のアニメは平均値も上がっているのでちょっとやそっと動いたからって手放しで喜ぶこともないかと思っていたが、10話の攻防はよくもまぁこれだけみせたと感心する。そして、あんだけのものを見せたらラストバトルはきつかろうと思いきや、最後は一輝の能力描写を本当に一瞬にぶつけることで、妹ちゃんのバトルの長丁場とははっきりと対比を示し、見事にラストバトルとして描ききったのである。SILVER LINK&大沼心といえば「シーキューブ」なんかでも独自の演出で色々と見せてくれたわけだが、これまで大沼さんを評する時に使っていた「新房昭之譲りの」という冠もそろそろ取っ払うべきかもしれない。今作の様々なバトルの演出方向は、もう完全に「大沼流」のオリジナルだ。もちろん、最終話の見事な作劇はコンテを任された二瓶氏の功績も大きかったことだろう。かなりカロリーの高い作画になっていたと思うが、SILVER LINKもきっちり息切れせずに最後まで描ききってくれたのはありがたい。とても良いアニメ化でした。

 最後は当然中の人の話。ステラ役の石上静香はようやく「まっとうな」メインヒロインとしてエロ絡みながらも順当な仕上がり。妹ちゃんが東山奈央という鉄板のキャスティングも安心感の二重構造だ(今期は「アスタリスク」の会長もいるのでややこしくはあるのだが)。しかし、今作で個人的に注目したいヒロインは他にいる。そう、有栖である。ヒロイン? いや、まぁ、細かいことはいいとして、今作で最も恐ろしいのは新しい角度から「とても魅力的なオカマ」を生み出したことだ。これまで、アニメや漫画で「魅力的なオカマ」といえば例えばタイバニのネイサンみたいな「キモいし一見すると怪しいけど、本気出すと怖いし強い」みたいな造形が主流だったと思うが、有栖ちゃんの場合、なんと登場から既に「頼れるオカマ」なのである。全くキャラがぶれることなく、はじめから終わりまで、「有栖ちゃんなら分かってくれる」「こまったらあの人相談しよう」みたいな圧倒的な信頼感。実際強いし、実際格好良い。彼(女)が陰で支えてくれたおかげで、一輝や珠雫が活き活きと活躍出来たことを忘れてはいけない。そして、そんな「魅力的なオカマ」を担当した中の人は、流石の一言、浅沼晋太郎であった。あさぬママが、文字通りママになるんだよぉ!

 あ、あと橘田さんの吐血先生も好きです。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター