忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4339] [4338] [4337] [4336] [4335] [4334] [4333] [4332] [4331] [4330] [4329]

「ランス・アンド・マスクス」 4→4

 今期の「男の子がお姫様を守って戦うラノベ四天王」の一本。つまり、既に触れた「新妹魔王」「落第騎士」に続いて3本目なわけだが……うーん、なんか、これだけ次元が違う。いや、良い悪いの問題ではなしに、なんか描かれた世界そのもののベクトルが違う。

 先に残念だった点を挙げてしまうなら、それはほぼ作品の全てに関わっている。端的に言えば「画もお話も」だ。画の方については、他のラノベアニメが善戦する中、まるで現代のMUSASHI GUN道でも作りたいのかと思わせるような怪しげな作画が続出。手が足りていないのが明らかな状態。キャラデザが独特すぎたこともあって、動きの少なさをごまかそうとする変な構成はより奇っ怪な「異次元」を生み出す結果になってしまった。戦闘シーンの情けなさはここ最近でも飛びぬけたものだったし、大人3人分くらいもあるんじゃねぇかっていう槍(のような怪しい物体)を振り回す様子は、大まじめに描いたからこそギャグとしてアピールしたいのではないかと勘ぐってしまうほど。まぁ、描いている中身がどうであろうと、おそらく今作の作画は異質なものに見えていただろうけども。つぶれ饅頭のようなキャラクターデザインでは、「ひだまりスケッチ」の世界を描くことは出来ても、真剣な命懸けバトルを描くのは無理があるよなぁ。

 お話にしても、「普通に騎士がいるけど世間的にそれが認知されてるような、そうでもないような世界」とか「馬がなんの断りもなくしゃべる世界」とか、やっぱり基本構成はギャグなんだよ。でも面と向かってそれをギャグとは言っていないせいで、こちらとしてもどのようにそうした要素を受け止めていいのか分からず、ネタとしても、筋運びとしてもギクシャクしてどっちつかずになってしまっている。やってることは結局「無敵のヒーローが女の子を守るんだ」というお話に帰着するはずなのだが、そのための道具立てがいちいち違和感を招き、すんなりとお話を解決させてもらえない。ガルパンにおける戦車道みたいなもので、「もうこうなったら受け入れるしかない」と諦めればある程度は許容出来たのかもしれないが……そこまでして「受け入れてしまいたい」世界になってないんだよなぁ。

 ただ、こうして駄目な部分が全体を覆っているものの、簡単に「はい、駄目」と切って捨てるのも勿体ないような気がするのは何故だろうか。つぶれ饅頭のキャラはどこか一点において、無性に可愛く見える時もある。異次元のギャグ世界においても、ちゃんとやろうとしてるお話が入ってくることもある。なんかたま〜に平和な気持ちになる瞬間があるのも事実なのだ。まぁ、ぶっちゃけ大半は真緒ちゃんが笑顔を見せてくれている時だった気もするので「小澤亜李ボイスの幼女が可愛いからいいんじゃね」というだけの話だった気もするけども。このキャラデザできちんと馴染むのって、真緒ちゃんくらいの幼女が限度だからなぁ。出来ることなら真緒ちゃんには最後の最後まで「バレバレなのに正義のヒーローの正体に気付かない」というアニメ世界のお約束を貫き通して欲しかったものだが、流石にこの設定でそれは無理だった様子。残念。まー、最後までちゃんと幼女を守るために頑張ったロリコンの鑑のような主人公であったので、そこだけは頑張ったことを認めてあげて、まとめとしておきましょう。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター