忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4550] [4549] [4548] [4547] [4546] [4545] [4544] [4543] [4542] [4541] [4540]

「灰と幻想のグリムガル」 6→6

 ナイスハッピーエンド。ハルヒロが心配でベッドに付き添いながら鼻歌を歌ってるメリイさんが最終回のハイライトでした。

 トータルで見ると、やはりよく出来た作品だったと思う。いわゆる「異世界もの」のカテゴリに入る作品で、油断するとあっという間に十把一絡げで「見たことあるやつやー」となってしまうところなのだが、今作はきっちりアニメ化に際して独自の方向性を打ち出し、他作品との差別化に成功している。具体的には背景美術や動画面での個性、音響面を含めた演出の工夫、そして、駆け足にならないように丁寧に描かれたシナリオの配分。そうした諸々の要素が全て噛み合った時に、完成された「グリムガルペース」が生み出される。こうして「何か違うことやってくれるぞ」っていうのが分かる作品作りは非常に好感が持てる。

 もちろん、良いところばかりではなかった。序盤にずっと感想を書いて引っかかっていた挿入歌云々の件なんかは、最後まで雰囲気作りの足を引っ張った悩みの種で、「誰の意思が介在した結果なのか」と首を捻ることになる。人間関係の描写についても、なるべく「語らせない」ことによるイメージ構築が優先されていたはずなのだが、いかんせんそれだけでは不安になってしまうのが昨今のアニメ作り。時にはハルヒロが独白の形式で必要以上に台詞を漏らしてしまうこともあり、話数によって雰囲気の統制にはばらつきがあったことも事実だろう。ただ、それは裏を返せば普段からどれだけデリケートに作品の雰囲気作りが行われていたか、ということの表れでもある。これで全編通じてただ原作の描写を垂れ流すだけの大量消費作品だった場合、細かい部分の演出の違和感なんてものは気にも留めなかっただろう。しっかりと正座をして、画面と向かい合って観る価値がある作品だと思わせていたからこそ、「ここはちょっと違うんじゃないか」とか、「いや、これは作品意図をくみ取った上でのことだ」とか、ディテールに関する議論が出来るようになるのである。そういう意味では、挿入歌云々に必要以上に噛み付いてしまったことは申し訳なく思うが、逆に「他の部分が非常にマッチしていたから」だと思っていただければ。

 映像面での特徴、淡く描かれた水彩のような世界も非常に印象的なものだが、個人的にはやっぱり音響面での演出方向に注目したい作品。必要最小限の音で視聴者の注意を最大限に画の方に向けられたからこそ、丁寧に作られた映像面が引き立つ。台詞の取り回しも様々に考えられており、不安定な世界で互いに怯えながら、必死に生き抜いていく少年少女の不器用な心の交流が見事に紡がれていた。マナトの死を受けての各人の反応や、メリイが少しずつパーティに歩み寄っていく様子など、個々の描写は油断すればうっかり流してしまうような部分も多いが、各々のシーンにはっきりと意味を持たせて組み上げていることが伝わってくる。11人が丁寧に描かれていたからこそ、バトル面での成長も自然と受け入れられるようになり、最終回の静かなクライマックスも、それがハルヒロの手に入れた「力」の一端なのだということが受け入れられるようになっている。たっぷりとした間尺があったおかげでここまでの作劇が出来たことを考えると、やっぱりアニメは詰め込み過ぎじゃなくていくらかゆったりと作ってもらいたいもんだよなぁ。

 お話はここで終わるわけではなかろうから、続編の登場にも期待したいところ。最後に中の人だが、今作の場合はメインパーティ全員に敢闘賞かな。普段割とがさつな役回りも多いが、本人同様にすげぇ細かいことにも神経質でもやもやしてるハルヒロを上手く組み上げた細谷。ムカつくはずなのにどこか憎めないことにかけては天下一品、最後の見せ場はマジ格好良かったランタ役のよっちん。レギュラーデビューは初めてのくせにおいしいキャラでがっつりアッピール出来たぞ福嗣。関西弁でまったり可愛いみかこし。マリク・エム・ぱるにゃす! そしてメリイさん格好良いよちかぺ。今作はぱるにゃすがみかこしに面と向かって「ちっぱい!」と連呼したことで歴史に残ることでしょう。めでたしめでたし。

 あ、あとキッカワ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター