忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4545] [4544] [4543] [4542] [4541] [4540] [4539] [4538] [4537] [4536] [4535]

「シュヴァルツェスマーケン」 5→5

 エンドカードがほとんど死人でワロタ。当初死亡フラグ筆頭だったアネットは生存ってのがなんとも。アイリスが死ぬのはいいとして、シルヴィアさんをすげぇ適当に殺す必要は無かったんじゃないですかね……。

 世の中、心の準備がとても大切ということがよく分かるアニメ。前作(?)「トータル・イクリプス」では「さぁ、宇宙から来た謎の生命体、BETAとの激戦ロボットアニメだ!」と思って見始めたら人間同士で殺し合いを始めたもんだから「ファッ?」ってなったんだが、今期はそんな反省を活かして「さぁ、疑心暗鬼の謀殺パーティーの始まりだ!」っていうつもりで見始めたので、きっちりテンションがはまって毎週安定して見ることが出来ました。まぁ、「謀略アニメ」としては大してディープな部分も無いのだけど、アニメヒロインの全ての業を全部背負って登場したかのような妹ちゃんの存在だけでもそこそこ満足。「流石に妹とあっさり寝るなよwww」「やっぱ駄目かー」みたいな鉄板の芸能がむしろ微笑ましくすらある。妹役のナンジョルノがまた良い味を出してるのよね。

 メインとなる抗争部分をさりげなく引き立てる程度の役目を果たすのがBETAということになるが、「そういう役目」と割り切って見てしまうと、まぁ都合のいい舞台装置だわな。人間同士で争わなきゃいけないけど、普通に考えたらそんなに急展開するはずがない政治的な動向、そこを「BETAが来たからしょうがなく」ってんで無理矢理グイグイ進めるのが彼らの役目。相変わらずのキモさで画面にも良いアクセントをつけてくれるし、空気を読んで進軍してくれるし、いちいち変なCMで目が覚めるし、やっぱり彼らの存在無くしてこの作品は成り立たない。奇しくも「グリムガル」のゴブリン先輩と同じような立ち位置だったので、今期はモンスター応援シーズンと言ってもいいかもしれません(アネットの中の人がどちらにも異様に怯えているのも一緒)。

 強いて不満をあげるとすれば、謀略アニメでありながら、最後のシュタージの扱いがちょっと一元的すぎるかなぁ、というところ。戦時下のお話なのだから「それぞれの正義」があるはずなのだが、今作は最終的にテオドールとカティアという2人の「英雄」を確立するため、シュタージを完全なる「悪」としてまとめてしまい、本来持つべき葛藤はゆかりんに全て集約させてしまった。最終的に「ラスボス田村ゆかりを若手が力を合わせて倒せ」みたいなミッションになり、いささか分かりやすすぎたきらいがある。でもまぁ、1クール作品だとその辺の問題を書くには時間が足りなすぎるだろうし、さっぱりとまとめあげるのには良いバランスだったんだろうな。せっかく戦術機バトルをCGでゴリゴリに描いているのだからそっちにも時間を割きたかったってのはあるし。BETA登場シーンだとどうしても大量生産のコピーCGみたいな部分が目立ってしまうことが多かったが、ラストバトルの戦術機どうしの対決は迫力があって良かったと思います。トータルで見れば、割と見どころの多い作品でした。

 最後は中の人。今作を非常にポジティブに見られた大きな要因の1つに、「ニコ生が面白かったから」ってのがあるんだけどね。のじょさんとちかぺという危険物2人が良い絡み。田中美海も元気にいい仕事をしてくれていました。村瀬迪与がこういう空気にいまいち馴染めなくてぼんやりしてたのは可哀相だったけどさ。彼女が今後もアニメの現場でガンガン活躍してくれることを期待しています。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター