忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4551] [4550] [4549] [4548] [4547] [4546] [4545] [4544] [4543] [4542] [4541]

「蒼の彼方のフォーリズム」 4→5

 今期終了作品は多くが「大体予想通り」か「予想してたよりも微妙」だったのが、これは珍しく「思ってたより面白かった」作品。まぁ、1話での導入が訳分からなすぎたからなぁ。

 今期はさらに、「まっとうなスポ根もの」が多かったシーズンでもあるかもしれない。「ハイキュー」と「ダイヤのA」が終了し、さらに「ストライド」もあった。今作をスポ根という文脈で語るなら、比較すべきは「なんちゃってスポーツ」である「ストライド」だろうか。あっちが「思ってたほど盛り上がらなかった」のに対し、こちらはなんちゃってスポーツが少しずつ結実していったのは興味深い対比だ。最初は全然ルールの分からなかったFC。まずもって空飛ぶ靴の意味が分からないし、バトルフィールドの全景も見えてこないので、どうやって楽しむスポーツなのかが分からない。スピード勝負と鬼ごっこを足して割ったような競技だが、観ている側がそれで盛り上がるのかどうかも怪しかった。実際、序盤の展開はちょいちょい戦術論が語られたりもしたが、「いや、そうはならんやろ」みたいなヘンテコな理屈も多く、のめり込むというわけにもいかない。どうにも駄目かと半ば諦めていたところもあった。

 だが、良くも悪くもテンプレ的なスポ根展開なので、ルール自体が分からずとも、何となく筋だけは追えてしまうもので。みさきちゃんの挫折、そして明日香自身のスランプ。良い仲間達も登場して少しずつ世界が広がっていき、いよいよ因縁のライバルも登場。次第に出来上がっていくキャラクターたちの関係性の中で、不思議とFCのルールの方まで整備されていったように感じられた。実際にはそんなことはないんだ。FCのルールは最初から決まっていたはずだし、プレイヤーたちが興じているゲームの内容も序盤と劇的な差があるわけではないのだが、不思議と、キャラの方が固まってくると、「そのキャラがやってること」というので、試合の内容も頭に入ってくるようになる。「このキャラだったらこういうプレイになるのかなー」とか、「あの明日香がこう言ってるってことは、あの時のプレイにはこういう意味があったのかな」とか。キャラの方から競技を埋めてくれるというのは、なかなか新鮮な驚きがあったものだ。

 取り立てて、その試合展開が面白かったというわけではない。絵的な盛り上がりが素晴らしかったということもない。どっちかっていうと今作は画のショボい方の作品で、話数によってはキャラ画も大きく崩れ、「おぉ、GONZOよゥ、GONZOよゥ」と嘆く部分もあった。しかし、最終回のアクロバティックな展開に持ち込むまで、ギリギリのところで作品がぶっ壊れるようなヘマに到らず持ちこたえ、決めるところは及第点にまとめ上げている。FCの見どころである大きなモーションも、最後の最後に視聴者がある程度ルールを飲み込めたところでクライマックスが訪れるわけで、なんだか「初めて新しいスポーツを見始めた時の、ちょっとだけ観戦のコツが分かった喜び」みたいなものは味わえたんじゃなかろうか。競技自体が分かりやすかったのに人間関係まで掘り下げるところが活かし切れなかった「ストライド」と、競技がよく分からないのにキャラ造形からスポーツの方まで補完してみせた「あおかな」。なかなか面白い対比になっているのじゃなかろうか。

 まぁ、色々と理由をつけてみても、「単に女の子がきゃっきゃうふふしてるのが見たかっただけじゃないのか」と言われればそうかもしれません。やっぱり野郎だらけの作品よりは贔屓したくなるよね。こればっかりはしょうがない。そんなわけで、きゃっきゃうふふの中心にいたのは、相変わらず元気な福圓先生。彼女のキャラはどっち方向に振り切れても魅力を振りまいてくれるから本当に安心して見ていられる。明日香は「中盤にスランプに陥ってどうしようもなくなる」という、よくある主人公のテンプレを踏襲していたのだが、そこであまり落ち込みすぎず、するりと「明日香らしさ」を持って戻ってきた展開も良かったと思う。そして、そんな明日香を支えた大きな存在がみさきちゃん。CVの浅倉杏美は、これまでおっとり系の役柄ばかりの印象だったのだが、ここ最近はこうしてはっきりとした発声を活かす役も出てきてますね。そして作中一番の賑やか師である真白を担当する山本希望。のじょさんが百合ってるのはすごく安心して見ていられる。なんか、役には病的なものが出てこずに非常にクリーンなイメージだ。あとは散々嫌なことを喚き散らしていったミズハスも面白いポジションだったな。あとは緒方アニキの存在感な。あの人が飛び出した途端、「あ、勝てない」って思った。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター