忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4560] [4559] [4558] [4557] [4556] [4555] [4554] [4553] [4552] [4551] [4550]

「だがしかし」 5→5

 楽しかったですよ。考えてみりゃ今期っていわゆるきらら系の「日常もの」が(30分枠では)1つもない昨今では珍しいシーズンだったんだ。そんな中で、上手いことユルい日常系をピンポイントで突いてきたのがサンデー漫画ってのは面白い。いや、これを日常系と言っていいのかは微妙なところだけども。

 とにかく「ヒロインが可愛ければ正義」な作品だ。何しろテーマに取り上げられてるのが「駄菓子」であり、そこに劇的なドラマも無ければダイナミックな動画も、エキセントリックな演出技法も求められていない。ただダラダラと、ほたるさんという変な女が持ち込む駄菓子的なだらだらを堪能するだけのお話。それならばメインのネタを原作からしっかり踏襲すれば、あとはアニメに求められるものは萌え要素だけだ。今作の場合はそこにダイレクトに「エロ」も食い込むのがポイントだが、そっち方向の吹っ切れ方もなかなかやりたい放題でよろしいものだった。ほたるさんの乳はいくら何でも暴れすぎじゃないかと思ったが、まぁ、サヤ師と折半すれば常識の範囲内だからな! 

 今作で特筆すべきは、このほたるさん&サヤ師というダブルヒロインシステム。別にドロドロ恋愛ドラマをやるわけではないのでそこに結論は一切出ない「ダブル」であるが、乳のサイズに代表されるように、広範にカバー出来ているのでどちらか1人くらいは琴線に触れる部分があるだろう、というポジショニング。作中で登場する人物はヨウのおっさんも含めて最大5人という恐るべき少人数制であり、その分、2人のヒロインに他作品では許されないくらいにたっぷりのリソースを割くことが出来る。つまり、今作は「駄菓子」「ほたる」「サヤ師」の3種の神器をいかに活用するかの作品だった。そして、その狙いはある程度成功していたはずだ。ほたるさんは訳の分からないテンションとド直球のエロが武器。駄菓子キチガイというステータスはあるものの、見方を変えれば世間知らずのお嬢様属性にもなっており、天真爛漫に(ナチュラルエロを見せながらの)駄菓子ギャグはきちんと今までに無い部分にヒットを打っている。そして対するサヤ師はというと、エロの要素こそ直球ではないものの、その分「ラブ」という要素に特化しており、ちょっとしたことで泣いたり笑ったり、表情豊かな彼女の姿を見ているだけでも楽しいし、トウ君との絡みもあるので単なるデレキャラに終わらずに快活な性格を各方面から魅力に転換している。個人的にはサヤ師推しだが、この2人は互いに足りない部分を補い合い、作品の中での萌え成分を満たしていたといえるだろう。

 まぁ、そうしてヒロインさえ可愛ければある程度の満足感は得られる作品だったのだが、原作を知っている人間に話を聞くと、いささか間延びしすぎているきらいもあったらしい。まー、確か原作って元々ページ数が少ない作品だし、いくらA、Bパートに分けたところで限界もあるんだろう。確かにラス前の口内炎の看病に行く話とか、ダラッとしてていまいち締まらなかったし、話数によってはなんかヌルい回もあったのは事実。でもまぁ、そこは程度問題なので我慢できるところでしょう。全体を見れば、エロい、可愛いが揃っているお話が多かったので、充分満足出来る作品でした。

 中の人フォロワー的にはメインヒロイン2人について触れた方がいい気がするが、そこはもう前提条件になっているのであまり語るべきことも無い。どっちかっていうとトウ君役のたっつんの変な振り切れ方が楽しかったかも。チンピラ風だとたっつんの声質が妙にはまる。楽しそうでしたよ。あと、「パチパチ役:竹内良太」とかたまに出てくるとんでもないキャスティングが楽しい。なにやらせてんねん。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
[07/12 seachicken]
[07/07 DRAKE]
[06/24 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター