忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4935] [4934] [4933] [4932] [4931] [4930] [4929] [4928] [4927] [4926] [4925]

「境界のRINNE(第2シリーズ)」 5→5

 世はことも無し、実家のような安心感。すでに第3シリーズの放送がアナウンスされているので一安心だが、むしろ「えっ? これから半年間は土曜夕方に放送してないの?!」っていう方が驚きなくらいに生活に密着している。なんかもう、ただ流してるだけで何となく満足してる作品。

 2期に入り、さらに新キャラが増えて賑やかさを増し、いじれる要素も増えている。まぁ、やってることはいつだって変わらないわけだが、多少ダレてくるかな? くらいのタイミングで適宜新キャラを投入し、既存のキャラそれぞれとで新しいとっかかりを作って物語を増やしていく手管は流石のベテラン作家。そこに何か驚くようなものが隠されているわけでもないのだろうが、どこをどう回せば作品が転がっていくかはちゃんと把握した上での構成になっており、ただユルユルと、分かりきった展開が回り続けることが出来るのだ。速球も変化球も必要なく、ただ毎週的確に同じ球速を、サボることなく、惑うことなく投げ続ける。そんなにアニメがあるということは、なかなか実感しにくい幸せの断片なのである。

 でもまぁ、2期になって割とりんねと桜の関係性も進んではいるよね。熟年夫婦のような微妙な関係性は1期の時点では「2人ともひょっとして?」くらいだったのに、2期は明らかにお互いを意識してもやもやしてますのでね。特にりんね側からの好意は割と明らかなんだけど、桜の方があの調子なのでなかなか前には進まない。でも、最終話のエピソードみたいにあからさまに桜をかき立てる話もちょこちょこ混ざってきてるし、3期になったらその辺ももっと進む……のか? まぁ、このまんまにやにや出来る状態ならそれでいいんですけどね。

 黒猫シリーズも着実にキャラが増えていて、人と猫との両輪で物語が回っているのも良いところ。後期エンディング映像はかなり好き。六文の揺るぎない存在感は安心するよなぁ。今期は「タブー・タトゥー」や「プリズマイリヤ」なんかでナバが格好良い女性役を多くこなしていたので、六文の存在感がより引き立ちました。他にも今期は石上静香の参戦なんかもあったし、3期になってもっとキャラが増えたときにどんなキャストが出てくるのかも期待したい。

 半年が長いよー。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター