忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4932] [4931] [4930] [4929] [4928] [4927] [4926] [4925] [4924] [4923] [4922]

「ベルセルク」 5→4

 無事に2期報告も入り、まだ終わったわけでもなかろうが、一応それなりに最終回っぽいまとまりは見せてましたね。

 本作の場合、シナリオラインについての話はあんまり意味を成さない気もするのだが、「まぁ、こんな感じやろ」という進行でそこまで盛り上がることは無かった。初見の人間からすると、「割と話題になってる作品だし、何かすごい展開が待ってるんだろうか」と期待して見ていた部分もあるのだが、1クール通じてやってることは大体同じだったし、少年漫画としてみても「ふーん」くらいなもの。まぁ、そもそも登場した時代が違うわけでなぁ。何か特別なことがあるのではなく、ダークファンタジーとしての王道を行っていることが人気の理由なのだろう。改めて今の時代に新作アニメとして享受するような作品でもないのは当たり前のこと。

 取り立てて悪い印象があるわけではないのだが、「なんでそこまで根強く愛される作品になってるんだろう?」と疑問に思えて理解出来なかったことは、単に私の感性が合わなかったからなのか、往々にしてそんなものなのか、それともアニメとしての見せ方があまり良くなかったからなのか。どうも、若干最後の選択肢の可能性が感じられるのが悩ましいところ。初回を見た時には「とんでもねぇ映像がきたもんだな」と驚いたものだが、確か初見のときにも「それはそれとして難の多い映像でもある」という指摘はしていたはず。結局「CG部分の固さ」については、積極的な解決はもたらされていない。本作は手描き部分とCG部分のシームレスな繋がりが特徴で、さらにCG部分にも色々と独自のアレンジを加えて「らしい」画作りを実現しているのだが、最初にびっくりした部分については、あまり発展的な進化が見られる部分ではなかった。ガッツのモーションについては様々な部分で「描き込み」の追加があり、流石に主人公なだけあって愛されていることが伝わってくるのだが、こと対戦する悪魔サイド、特に異形のもの、不定形のものになってしまうと、「どういう風に影をいれたものか」がはっきりせず、結局は昔ながらのつるりと無機質な「CG作画」に落ち着いてしまう。そしてCGの無機質さは要所でヒロイン勢の顔などにも影響を与えてしまい、全体的にキャラの魅力をそぎ落とす方向に働いてしまっていた。せっかくエロいシーンも多いのに、流石にこのキャラクターデザインだとそそられる部分はないよなぁ。

 でもまぁ、「そういう部分を楽しむ作品じゃないんだよ」と言われればそれまでなのかもしれない。ファルネーゼさんが人生を転がり落ちていく様なんかは割と愉快に見られたし、力強く活きている商売女チームの面々なんかは、映像でやや見劣りした分をキャラのしゃべりや行動でいくらかフォロー出来てもいる。今回の第1クールはあくまでそうした「何となく末法な世界観」を伝えるための導入部分であって、今後のシリーズが展開していけばシナリオ部分も盛り上がってくるのかもしれない。映像作りについてはまだまだ試行錯誤といったところだが、何事もチャレンジしてみなきゃ結果は出せないわけだしね。あまりせかせかせず、気楽に見守っていきましょう。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター