忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4938] [4937] [4936] [4935] [4934] [4933] [4932] [4931] [4930] [4929] [4928]

「アンジュ・ヴィエルジュ」 5→6

 俺のチョロさが光って唸る。百合を愛でよと輝き叫ぶ。いいじゃない。闇堕ちだもの。

 というわけで、「これを楽しんでいると言ってしまって良いものか」と悩みながらも楽しかった作品。「百合」+「闇堕ち」+「少年漫画の王道ベタ展開」という、ピンポイントに私の好みのテイストを射抜いてくれた作品なので、薄目で遠くから見れば割としょうもない作品なんだろーなー、とか思いつつも満足してました。最終回のメンバー大集合のくだりなんて、あることは絶対に分かってるのにちょっと感動しちゃうしね。まぁ、サナギ姉妹が出てきたところだけ突然冷静になって「いや、お前らはいいや」って思ったけど。

 でもさ、今作のメインの設定って、やられてみればベタ中のベタなんだが、案外コロンブスの卵だと思うんだよね。その発想はありそうで無かったような。あったかもしれないけど誰もやらなかったような。まぁ、探せば類例はあるんだろうが。「カードゲーム原作なので、メインとなる敵キャラがハッキリしてません」「でも、ちゃんとバトルものとして1クールのまとまったストーリーを作ってください」という無茶な設定は、同じようにシナリオ構成が面倒臭いソシャゲアニメを数多クソアニメに仕立て上げてきた。「ディバインゲート」とか「Z/X IGNITON」とか「ラクエンロジック」とか「聖戦ケルベロス」とか。スタートもゴールも曖昧な中でどんなシナリオを作っていくかってのは結構な難題なのよね。

 そこで今作が採った手法は、「なんか分かんないけど、とりあえず味方キャラを全員洗脳して同士討ちさせれば敵キャラいらないっすよ」というもの。無茶苦茶には違いないのだが、これで「味方同士の友情物語」と「敵味方が争う因縁」を同時に処理出来るというファインプレー。あとは中心に天音という捕らわれのお姫様兼最終兵器を置き、回りに5つの世界と「壊されたら世界が崩壊してしまう5つの柱」を用意すれば、聖闘士星矢で海底の柱を倒しに行くようなルーティンが完成する。1つの世界に1つの物語。その世界の出身者が闇落ちした仲間を救いつつ、天音・紗夜との友情を深める小話を展開していく。うーむ、なんて見やすい設定なんだ。最後まで敵キャラの思惑なんてものはさっぱり分からないわけだが、そんなことはどうだっていいんだ。最終的にわだかまりを吐き出した女の子どうしが仲良くなり、風呂に入る。もう、それだけでいいじゃないか。

 幸い、今作はそこまで大きな作画崩れもなく、バトルものとしてそこそこ、百合ものとしてもそこそこの品質で提供。サナギ姉妹という一点に下世話なネタを集中させることで回りのメンバーたちの友情を相対的に清く見せるなんて消臭剤みたいな機能まで設置。見れば見るほど、何とも機能的なデザインだったのだ。まー、ここから2期なんて話はとても無さそうだし、余韻も名残も特にないので綺麗さっぱり忘れそうな気もするのだが、少なくとも見ている間は楽しかった。そういう作品があってもいいじゃない。

 中の人が充実していたのも大きな武器で、また1つ寿美菜子に代表役といえるものが出来たんじゃなかろうか。回りには相坂君やら立花理香やらと売り出し中の面々を置きつつも茅原実里・田村ゆかりといったベテラン(?)勢も存在感を見せている。そして91年組(寿・悠木世代)を中心にして脂ののった面々が遠慮なくイチャイチャする。うむ、ぱらいそ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター