忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5122] [5121] [5120] [5119] [5118] [5117] [5116] [5115] [5114] [5113] [5112]

「船を編む」 5→5

 (多分)史上初の辞書アニメ。妙な題材には違いないが、ドラマとしては至極まっとうな造りでしたね。

 良くも悪くも手堅い作品。いかにもノイタミナらしいとも言えるが、原作で与えられたものをそのまま忠実にアニメとして仕上げた印象だ(原作読んでないけど)。地味な題材だがヒューマンドラマとしての骨子は出来ているわけで、そこを1クールのアニメにすることには何の問題も無い。起承転結のまとまった、本当に「ドラマ」として優等生的な内容。映像面でも一切崩れることはなく、固めのキャラクターデザインでも固くなり過ぎず、適度に「アニメ的な」演出も交えながら見やすいように工夫されていることが感じられる。「大渡海」という辞書の名前に代表される「言葉の海」というイメージも、アニメならではの演出でもって「活字の流れ」が見えることで、その膨大な数や、流れ続ける動きの大きさを感じさせる。与えられた課題には、失点無く応えた作品といえるのではなかろうか。

 ただ、やっぱりそうして「マイナスが無いこと」を評価する以外の方法がない、というのはちょっと勿体ないとは思う。ぶっちゃけ、どこをどういじっても「アニメならではの良さ」を見せつけるには不向きな題材なのだ。上述の通り「言葉の海」の演出などはいかにもアニメらしい部分ではあるのだが、それってあくまでイメージ映像であって、この作品の外側を飾り付ける最後の装飾部分に過ぎない。「なくても成立するおまけ」なのである。アニメ独自の見せ方、アニメでしか成し得ない切り出し方を見つけるためには、やはり「動き」が前提になってしまい、ひたすら机に向かって用例採集するだけの毎日は、残念ながらアニメ向きではない。実写映画でもいいし、アニメでもいいのは間違いないのだが、「アニメでなくてもいい」と言われればそれも事実なのである。贅沢な要求ではあるのだが、天下のノイタミナ枠であるから、もう一歩先の、「これは実写映画に勝っているぞ」と太鼓判を押せるような何かが欲しかったところだ。

 まぁ、やっぱり贅沢な話ですね。私は実写映画の方は観もせずにわがままなこと言ってるだけだし。もっとしっかりとアニメ・原作小説・実写映画を見比べれば、アニメ独自の頑張りも見えてくるのかもしれないし。西岡の表情の付け方なんかは、ひょっとしたらアニメで輝いてた部分なのかもしれません。あと、じしょたんず。

 というわけで、個人的に一番気に入ったキャラは西岡なので、神谷兄ぃは相変わらずいい仕事するなぁ、というのが中の人についての第一印象。神谷・千和カップルってなんだか時代を感じさせるキャスティングよね。そして麦さんの貫禄のお仕事や、金尾さんの頼りがいのある仕事ぶり、ぴかしゃの「どこに出てきても恥ずかしくない」全能感なんかも格別です。キャスティングは本当に贅沢なので、むしろ意識せずにスルスル入ってくるのがありがたかったですね。それにしても、今期の櫻井の眼鏡率の高さは一体何だったんだろうな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター