忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5117] [5116] [5115] [5114] [5113] [5112] [5111] [5110] [5109] [5108] [5107]

「装神少女まとい」 5→5

 ゆまちんは永遠にゆまちんなのです。それが分かっただけでも僕は満足さ。

 アニメオリジナルということで1クールをどのようにまとめるかはなかなか難しいところだったと思うが、無難に落とし前を付けて納得のいくエンディング。決して傑作と褒めそやされるような作品ではなかろうが、後に課題を残さず、すっきりと終わってくれるだけでも割と満足。このくらいのクオリティのオリジナル作品が安定して供給されるようになればアニメ文化も安泰だと思うのだが。

 一応カテゴリとしては「魔法少女もの」ということになるが、最近はこのカテゴリも色々と面倒な意味を持ち始めているので、レッテルを貼っても何が何だか分からない場合が多い。しかし、本作は古来より脈々と受け継がれる魔法少女の伝統を守りつつ、しっかり12話で締められるだけのストーリーの起伏を設け、大願を成就して終わる構成が出来ている。メインとなる3人の少女の物語も過不足無く、それぞれに魅力を発揮しながら1つにまとまっていく様子はとても見やすい。そして、どうしたってゆまちんのような素敵可愛いキャラにおいしいトコロを持っていかれがちな真面目系主人公のまといも、伸吾君との家族愛というテーマでしっかり中心に立っており、クライマックスにいたる父娘の関係、そしてクライマックス後の母娘の関係できちんとドラマが出来ている。個人的にどうしても「家族愛」というテーマには弱いのだが、伸吾君の心情をメインで追うお話になっていたおかげで、彼の頑張りには涙腺も緩むってもんですよ。真っ直ぐで良い娘さんに育ちましたよね。伸吾君も娘を子供扱いせずにちゃんと本音でぶつかってくれるいいお父さんでしたし。出来れば、多感な時期の娘さんがいる手前、弟か妹を作るときには計画的にお願いしますね。しかし、あれだけ母と娘が似てると色々といけない妄想も……。

 とりあえず、キャラは可愛いし、映像も独自色を出しながら安定していたので「オリジナルアニメ」としての存在感はあったと思う。ストーリーは割とベタなので全体として見るべき点が多いわけではなかったのは残念だが、そんなに度肝を抜かれるような劇的なシナリオがポンポン出てくるわけがないしね。贅沢をいうなら、これくらいの密度のお話なら2クールに伸ばしても充分通用しそうなので、もう少し長い尺で見たかったかもしれない。いうたらプリキュアってこれを1年でやってるわけだしねぇ。キャラに愛着が湧く頃にはすぐにお別れ、ってのが1クール作品の寂しいところよね。

 中の人については、当然ゆまちんであるから、つまりは大空直美である。「いなこん」の時にも本当にいい仕事をしてくれたが、今回は吹っ切れ方が実に愉快で痛快。「いいお友達」ポジションを維持しながらもトラブルメイカーとしてお話を引っかき回し、愛嬌だけで突っ走る姿勢は本当にお見事。狸少女も狐少女も今後ガンガン押し出していって欲しいジャンルである。諏訪彩花と戸松に関しては最終的には「ゆまちんの引き立て役」みたいなポジションになってしまったが(あくまで個人の感想です)、三者三様で仕事ができているのだから文句の出るところじゃないわね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター