忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5464] [5463] [5462] [5461] [5460] [5459] [5458] [5457] [5456] [5455] [5454]

「恋愛暴君」 6→6

 全国の「貴音×響」派の人にお勧めのアニメですよ。俺をはじめとしてね。たかひび(ひびたかではない)は正義だけど、樒×茜も悪くないですね。

 アニメ全体のデザインとしてB級の匂いが付きまとうのは「マキャヴェリズム」とかと同じくらいのラインなのだが、もう、この歳になってくると全てのアニメが全身全霊で殴りにくるクオリティだと胃もたれしてしまうので、このくらいの画でもいいんですよ。ユルいギャグ作品なら映像を研ぎ澄ませるよりもテンポで攻める方が大事だし。今作の場合、油断すると「あれ? 俺一話分見逃した?」と思ってしまうような謎のテンポで進撃する無茶なお話で休む間がないし、ユルいギャグとサイコバトルとラストのシリアスラブドラマのバランスも悪くない。それもこれも、中心に据えられたグリ・茜・柚・樒という4人のヒロインが胸焼けするくらいにしっかりとキャラを立て、やりたい放題に話をかき回してくれるおかげだろう。MVPはグリで決まりだろうが、「暴君」という今作のタイトルは他にも茜さんや樒さんにも関わってくるところだ。

 この手の作品で気になってしまうのは「何でこんな冴えない男がハーレム作ってるんだよ」という野郎サイドへの不平不満なのだが、今作の場合、「グリは理屈など通用しない恋愛を作り出す」という設定と、「茜さんのサイコも理屈など無意味」というキャラ設定のおかげで、ぶっちゃけ青司などどうでも良い。「暴君」としてのグリ、「暴君」としての茜さんがいてくれれば、もう男など無くとも物語は回せるのだ。これだけのサイコな展開のくせに、茜さんは要所で締めてちゃんと可愛らしさも維持しているし、更に厄介なはずの樒さんだって、あれだけ最低な行動に出ておきながら、最終的にはどこか放っておけない雰囲気も醸し出している。全キャラクターが謎の使命を帯びた一族の出身だったりする設定は笑ってしまうが、グリが来た時点で常識的な世界など無意味なのだ。それなら最大限にヒロイン勢が暴れ回れる世界が野放図に広がり続けた方が気持ちがいいってもんで。まぁ、個人的には2人のママンが対峙する時にどっちの中の人もドストライクだったというのが一番の加点要因だったとは思うんだけど。謎の俳協人妻ブーストが、たかひびで弱った僕の脳髄をえぐり取っていくのです。

 そんな百戦錬磨のキャスト陣の中でも一歩も退かずに堂々とグリを演じきった青山吉能が今回のMVPなのは論を待たないところ。終盤の悪魔版グリはキャラが変わりすぎて今まで築き上げた今作の良い点が損なわれるんじゃないかと不安になったが、ちゃんとグリはグリのままで、通底した空気を維持してくれていた。今後もこういうはっちゃけた役が回ってくるといいですな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
[07/12 seachicken]
[07/07 DRAKE]
[06/24 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター