忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[5854] [5853] [5852] [5850] [5849] [5848] [5847] [5846] [5845] [5844] [5843]

「ブレンド・S」 5→5

 可愛かったです(素直)。もう、きらら系作品はその評価だけでも足りているのではないでしょうか。

 基本的にこの手の作品にドハマりすることは無いのでやんわり見守っていただけではありますが、個人的には最近そこまでヒットする作品がなかっただけに、じわっとでも最後まで気楽に見守れただけでも割と評価は高いです。直近で比較すべききらら作品ってなんなんだろう、と思って調べたら「NEW GAME」とか「うらら迷路帳」とか「ステラのまほう」が出てきたので、多分それらよりは好みの部類ですね。まぁ、何が違うのかって聞かれたらうまく答えられないんだけども。

 今作で重要な要素としては、きらら系では頑なに登場させない作品が多い「男性キャラ」がしっかりとメインで登場しているところ。特に店長の方は主人公・苺香とラブラブする要素が中心に据えられており、人によっては拒絶反応を示す(と噂されている)ポジションである。でもまぁ、個人的には「女の子が可愛く見えるんだったら相手が男だろうが女だろうがどっちでもいいのでは?」という信条なので(?)、店長を相手に苺香がしっかり乙女して、真っ当な恋愛要素として描かれるのならむしろ素敵なことだと思いますよ。店長のヘタレ具合は、「イタリア人イケメン男性」というステータスも加味するとちょっと盛りすぎな気もしますけどもね……。

 そうして苺香を中心に据えつつ、「お仕事もの」「萌えもの」として充分なカロリーが摂取できるだけのサブキャラが脇を固めており、4人のサポートメンバーはバッチリ全員が個性を発揮できているし、単体でもネタ回しできるだけのキャラになっているので安心。よく比較される「WORKING」のメンバーと比べても、わざとらしいまでのとんでも設定がある人間は少なく(どこぞの生えてる奴除く)、あくまでも「苺香がバイトするちょっと変わった喫茶店」の枠内で話が進むのは観やすかった一因なのではなかろうか。

 その上でプラスアルファを期待したのはやっぱり苺香の「ドS」という設定部分だったのだが……まぁ、そこはやっぱりアニメでフルに描写するのは難しい部分ですんでね。もっとぶっ飛んだ描写があってもいいかとは思ったが、苺香のナチュラルな可愛らしさをとるか、振り切れたギャグを見せるかは製作陣の狙う方向性次第。今作は絵柄を見ても構成を見ても、どっちかというと「ふんわり」要素を大事にしていたように思うので、多分これくらいでいいんでしょうね。個人的にはそうした苺香の活躍だけで満足できるかと思っていたが、夏帆が中盤以降で思いの外伸びてきて「こいつがメインヒロインでもいけそうやな」って思えたのは収穫でした。

 中の人についても、和氣あず未はこれで2本目の主演として文句のない仕事ぶりだった。本人の声質からして苺香役は一番狙いやすい部分だったと思うし、今後もこの路線から純正ヒロインを積み重ねていけるだろうか。対抗馬は当然鬼頭明里ということになるが、彼女は器用だから色んなところでしたたかにキャリアを重ねそう。若かりし頃のキタエリを思い出すような。あとはそらまるとか種さんとか、安定感ありすぎて新キャラとすら思えないような貫禄が。そらまるの「しっかりポジション見つけて業界に根付いちゃった」感はすごいよな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[04/18 NONAME]
[04/15 NONAME]
[04/09 NONAME]
[04/08 名無し]
[04/07 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター