忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[5853] [5852] [5850] [5849] [5848] [5847] [5846] [5845] [5844] [5843] [5842]

「クジラの子らは砂上に歌う」 6→5

 なんか、思ってたのと違う方向に行ってしまった気がする作品。いや、最初に何を思っていたのかも定かじゃないんだけど。

 今期は個人的には「宝石の国」「魔法使いの嫁」、そして今作の3本がスタート時に興味を惹かれた3トップだったのだが、他2本が期待通り(もしくは期待を超えて)進行したのに対し、こちらの作品は、1話で見せた漠然とした印象がピークみたいなところがあった。何が残念だったのかを切り出すのが難しいのだが……おそらく、非常に現実離れした幻想的な世界なのだと思っていたら、思った以上に卑近で、えげつない世界だったという部分じゃなかろうか。「外の世界」の連中があまりにも普通に文明人だったのがなぁ。

 映像部分については秀逸な部分も多い作品だったのは間違いない。唯一無二の世界観を表現するため、スタッフが色々と頑張っていたこともわかる。ただ、そこで描かれるお話は唯一無二ではなく、さらにあまり気持ちのいいものでもなかった。未完なので設定も全部はさらいきれていないのだが、結局「罪人(の末裔)である」というそのただ1点を理由にして虐殺劇が繰り広げられてしまったのは、悲劇というよりも理不尽さの方が先に立ってしまう展開である。バックグラウンドが明らかになっていないので殺される理由についてもなんだかモヤモヤしてしまうし、殺しに来る連中のキャラも胸糞悪い。「人を誅するのが巨人やゴキブリ」というのと、「人を誅するのが人」というだけでこんなにも印象が変わるものかというのは、むしろ新鮮ですらあった。

 まぁ、そうした「胸糞悪さ」もあるならばそれを存分に見せてこそ作品として成立する部分なのだろうが、今作の場合、殺しに来る帝国側の設定がはっきりしてなかったから「その理由での戦争ならしょうがない」っていうところまで腑に落ちなかったんだよね。さらに、「砂の上だけが世界じゃなかった!」という驚きだけで本来なら1つのくくりになるはずなのに、そこからさらに別な国まで出てきて、「泥クジラの連中はどんだけ今まで盲目だったんだ」というのに驚きよりも先に呆れが来る。設定を作り込んだ結果なのだろうから矛盾は特になさそうだが、もうちょっと「隠してある世界」と「見えている世界」の区別をはっきりして欲しかった気はする。

 まぁ、何を言っても「まだ未完だから」という部分はどうしようもないので、ひょっとしたらこの先で全てがストンと落ち着き、もっと大きな絵図が浮かび上がる展開もあるのかもしれないけども。ワンピースで言ったらまだグランドラインにすら乗ってない段階だからな。アニメの2期目3期目とつながっていくことはあるのかなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[04/18 NONAME]
[04/15 NONAME]
[04/09 NONAME]
[04/08 名無し]
[04/07 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター