忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[6204] [6203] [6202] [6201] [6200] [6199] [6198] [6197] [6196] [6195] [6194]

「デビルズライン」 5→5

 今期は「ノロケ話を延々見せつけられるアニメ」が多いと再三書いてるんですが、そんな中でトップレベルののろけだったのがこちらのアニメ。本当に、悔しいくらいに幸せそうなんだよ、このカップル。

 新番チェックの時に「オーソドックス」という言葉を使っていたのだが、想像していたよりもずっと「ならでは」が見える作品だった気がする。まぁ、単に私の見識が狭いだけで、もともと吸血鬼の物語ってのは恋愛譚と密接なつながりを持つことが多いんだろうけど、アニメの中で「吸血鬼の話」っていうとどうしたって人間の血を吸って云々からバトルを中心に描きたくなるものだろう。今作もバトル要素はもちろんあるし、なんなら血もブシャーッと出るので割と凄惨な方ではあるのだが、今作におけるバトルはあくまでも吸血鬼という存在の異質さ、孤独さ、物悲しさを描くためのサブツールだった気がする。あくまで中心になるのは恋愛要素。

 「性欲が云々」と繰り返し説明されている通り、人が人を求めるという欲求が性という言葉に還元されるなら、吸血鬼はそれが「吸血」という形になり、求めれば求めるほどに相手を壊してしまう。そんな中で自分のアイデンティティを維持しながら、どこまでまっすぐに相手を愛することができるのかという戦い。これはこれで興味深いテーマ設定であり、何人もの「人と鬼」の関わり方の中から、そのありようを考えるお話である。こういう描き方もあるんだなぁ、というのは素直に感心した部分で、つかさの性格が少しでも違ったものだったら、また全然違ったドラマになりそうで危うくも面白い。

 ただ、筋立ての狙っているところが興味深いのは嬉しいが、ただそればかりでは1クールをダラダラと続けられても限界がある。今作は刑事ドラマとしてのサスペンス要素で物語を前に進めていくわけだが、「社会における鬼」のあり方を描く時に警察権力のあり方と混同してしまうとちょっとドラマが見辛くなったかな、という気はする。バトル展開を入れる性質上、この設定が一番手っ取り早かったのだろうが、「強さ」の本質を武力以外のところに求めるべき物語なので、腕っぷしの強さ以外のところに結論を置く必要があり、それならいっそ主人公は本当に「何も持たない」身の方が見応えがあったかもしれない。まぁ、本当にタラレバの話なので、それが面白いかどうかは分からないけども。

 とにかく、全体的な構造は決して退屈なものではなかった。アニメーションとしては並のレベルだったが、ただひたすら薄暗いシーンだけを描き続ける構成でこれだけ持ちこたえたのは立派と言えるのかもしれません。イチャイチャするシーン、特にエロとか萌えとかを考える必要もないので、直球しか投げてこないのはむしろ新鮮だったし。こうしてアニメ文化が肥大化してあまりにも濃い味のものを摂取し続けると、「いっそ素材のままのラブでいいじゃん」っていうお年寄りみたいな感性になってくるな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター