忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[6200] [6199] [6198] [6197] [6196] [6195] [6194] [6193] [6192] [6191] [6190]

「蒼天の拳REGENESIS」 4→3

 やっぱりこのCGワークは違うよ。誰がなんと言おうと、この使い方じゃないよ。

 「シドニアも亜人も慣れたし、多分このポリゴンピクチュアズも大丈夫」って思って見てたんだけど、考えてみたらシドニアは「SFテイスト」があり、「亜人」はIBMっていう存在や、銃火器乱射を前提にした現代戦闘の描画があった。少なくとも今作のようにひたすら肉体の動きだけを描く必要はなかった。いくらなんちゃってのトンデモ拳法だとしても、やっぱり肉体言語を描くのにこうした「重み」の足りないCGは向かない。一番の違和感は個々のキャラクターの動きではなく、人と人がぶつかった時の「反作用」の部分。誰かを殴ったり蹴ったりしたら、そのぶんのエネルギーは殴った方、蹴った方にも伝わってきて、そこにはなんらかの「衝撃」があるはずなんだ。手書きアニメだとそうした接触部分をいくらでもフィーチャーして大仰に描き込むことができるんだけど、フルCGの場合、2つのオブジェクトの接点に「ぶつかり合い」を見出すのが困難である。あくまで個々のオブジェクトが別個に動いているような「それぞれの存在感」があるだけ。その不整合が、作品の空気をなんとも珍妙なものにしてしまっているのだ。

 「もう、ピンとこないCGワークは無視して観たらええやん」とも思ったのだが、この作品って、そういう部分を無視して見どころってどこに見つければよかったんだろう。バトルシーンを除いた北斗の拳って、それ単なるチンピラフェスティバルやん。ざっくり戦ってどっさり人が死ぬアニメ。それだけのものに魅力は感じない。いや、原作はこれだけで終わるお話ではなかろうし、今回のエピソードで人の生き死にを通じて色々とキャラ同士の因縁も生まれたのだから、ここからが本番とすら言えるのかもしれないのだが……とりあえず終わっちゃったからね。「面白い」とか「つまらない」じゃなくて「評価しようがない」っていうのが正直なところかもしれない。

 とりあえず、中の人たちは割と楽しそうにやってるし、うまくいけば息の長いコンテンツになるかもしれないので、やんわりと見守っていくしかないかな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター