忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[6202] [6201] [6200] [6199] [6198] [6197] [6196] [6195] [6194] [6193] [6192]

「ニル・アドミラリの天秤」 5→5

 最後、絶対ツグミの「図書情報資産管理局」って言えてなかったよね。そりゃみんな嫌がるわけだ。フクロウでええやん。

 気づいたら終わっていたので無事に完走できました。乙女ゲーアニメは途中で挫折することも多いんだけど、今作はとりあえずお姫様的ヒロインの扱いが幸せそうだったので、あんまり本腰を入れてたわけではないけど一応見てられたのです。これまでの傾向からいって、やっぱり中心にいる女の子が可愛いかどうかってのが大きいな。なお、今期はあまりに本数が多すぎるために泣く泣く切った作品が過去最大数になってしまった残念なクールであり、乙女ゲーアニメからも「Butlers」は諦めました。あれもそれなりに続きは気になる作品だったのだが……やっぱり中心に野郎しかいないとモチベーションが続かないんですよ。

 本作は、事前の特番で予告していた通りに中心となるツグミに野郎どもがあの手この手で絡んでくるという形で、一通り個別エピソードを追うデザイン。いわばあらゆるキャラのルートを「薄く広く」の作りだが、私のように特定の野郎キャラに入れ込みたいという願望がない人間からしたら、まぁ、これでも別に構わないのだ。稀モノがらみで色々と謎や事件がありますよ、っていう世界観において、その調査官はどんなモチベーションで仕事しているのか、どんな人となりでこんな身分になったのか。そうした雑多な情報が「野郎キャラとのイチャイチャ」という側面から入ってくる。そう考えると、初見の人間から見ても「薄く広く」は案外悪くない。世界のありようが分からないのにどんどん本命キャラとのラブロマンスを突き進んでも置いてかれるだけだし。

 また、これまた乙女ゲーではお約束だが、本作は作画部分が割としっかりしている。「大正ロマン」(?)という時代性に合わせてややセピアがかったような独特な風合いを基調にしながら、キャラ自体はしっかり現代風。そこに特別アンバランスさはなかったし、きちんと狙った通りの「異質さ」みたいなものは出せていたように思う。あとは稀モノをめぐる超常現象の描写がさらに真に迫って大迫力になっていれば素敵だったのだが、まぁ、別にオーラ(アウラ)炸裂のバトルものとかじゃねぇしな。

 とりあえず、1シーズンに一本くらいはこういうジャンルも押さえておければありがたいですね。まぁ、今期はただでさえ「イチャイチャしてるノロケ話を見せつけられるだけ」アニメが多かったから大変だったけども。女性主体で強気の恋愛が見られればダラダラしないから大丈夫。ツグミさん、ありがとう。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター