忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[6208] [6207] [6206] [6205] [6204] [6203] [6202] [6201] [6200] [6199] [6198]

「グランクレスト戦記」 4→4

 なんか「長かったけども」という印象ばかりが残っている作品。作り手側が頑張ってたのはわかる。分かるんだけども。

 畠山守監督作品ということでどこかにいいところを見つけようと思いながら見ていたんだけど、結果的にはあんまり擁護すべき部分が見つからなかった作品。この時代に2クールでがっつりと純正ファンタジーをやろうとした姿勢は評価するのだが、せっかく「古式ゆかしいラノベ的物語」を描くんだから、有象無象のなろう系とかと違うんだぜ、っていう部分をもっと腰を据えて見せて欲しかった。原作を知らないから聞きかじった情報だけで判断するしかないのだが、やはり今作はかなり「詰め込み」気味で、アニメだけを見て追いかけようとすると相当いろんなものが欠落していたらしいのだ。

 アニメにするときに情報の取捨選択を行うのはある意味当然の作業なのでそのこと自体が駄目だというつもりは毛頭ないのだが、その作業の中で作品の面白さが損なわれてしまったら駄目だろう。本作のような「まっとうなファンタジーもの」の場合、慌てて筋を追うよりもどっしり構えてドラマなりバトルなり、1つ1つのシーンを印象に残る方法で記述していくことを優先すべきだと思う。言い方は悪いが、筋立てそのもので他と大きく差をつけるようなこともないのだろうし。

 今作は本当に話数ごとに作画のムラが多く、「めっちゃ綺麗! すごい!」って感心するときもあるし、「クセはあるけど動画に気合い入れてんだろな」っていうヘンテコ作画もあるし、「これは……総集編でも挟めば……」みたいなメタメタなときも(そこそこの頻度で)あった。やはり「骨太」だのなんだのというのを求めると、現代のアニメ業界では色々と代償を支払う必要があるらしいのだ……筋立てで急き立てられ、展開した物語に画が追いつかず。返す返すも勿体無い作品である。でもまぁ、多分この作品で3クール以上の枠を取るのは難しかったんだろうなぁ……。できることなら、もうちょっと余裕のあるスケジュールでリメイクしたバージョンの作劇が見たい気がしますね。監督は畠山さんのまんまでリベンジしていいので。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
13
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
[07/11 Alessi]
[07/09 Serra]
[07/02 社畜ボトルネック先輩]
バーコード
ブログ内検索
カウンター