忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[6203] [6202] [6201] [6200] [6199] [6198] [6197] [6196] [6195] [6194] [6193]

「斉木楠雄のΨ難(第2期)」 5→5

 この超速アニメで、しかも放送中に原作終わったから絶対にアニメも最後まで行くもんだと思ってたんだけど、終わらなかった。続きはどうやって放送するんだろう。

 これ、繰り返し言ってるんだけど、アニメは原作以上に好きなんだよね。いや、そもそも原作そんなに好きじゃないから「以上に」ってのは変な表現なんだが、「原作はそうでもないけどアニメは好き」が正しいのか。だって、こんなにキャストに負担かけまくるアニメもなかなかないんだもん。比肩するアニメっつったら「てーきゅう」か「オカルティック・ナイン」くらいでしょうね。ハイパー早口アニメ。しかも今作の場合、この早口が全員統一された上で、あんまり「早口で無茶してる」感を出さないという無理難題をキャストが全員クリアしてるっていう。なんかもう、そのミラクルを聞いてるだけでも満足。そんで詰め込んだ脚本の中で(原作同様に)やりたい放題やってくれてるからね。ちゃんと原作の「漫画的な無茶」の部分を「アニメ的な無茶」に直してくれてるのも親切。多分、スタッフはかなり頑張ってくれてると思う。今期はそこそこシリアス編(というか長尺のやつ)が多かったけど、特に雰囲気が壊れた感じもなかったし、加速したテンポで逃げ切ってる感が良い。

 2期に入りキャラクターもさらに増えて収拾がつかない感じになっているが、それだけにごった煮の雰囲気は加速している。個人的にお気に入りのキャラが相卜で、「こんなもんアニメ化したらキタエリしかないやんけ」って思ったら本当にキタエリだった部分も含めて最高だ。キタエリって、なんで本人があんなんなのにこういう役がしっくりくるんだろうね。あんなんだからなのかね。

 さて、3期はどうなることか。原作終わっちゃってるからあんまり続編作る理由もない気がするんだけど……人気作品ならちゃんと最後までやるのかなぁ。「最後」までやる意味もあんまりないんだけどなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
13
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
[07/11 Alessi]
[07/09 Serra]
[07/02 社畜ボトルネック先輩]
バーコード
ブログ内検索
カウンター