忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[887] [886] [885] [884] [883] [882] [881] [880] [879] [878] [877]
 「百花繚乱 サムライガールズ」 6→4

 1話を見た時点ではその癖のある画作りが新しくて、「うわ、墨汁マジ寿!」とか思ってたのだけれど、それに慣れてくるとシナリオラインの凡庸さと適当さが徐々に浮き彫りになっていって、最終的には墨汁要素以外にあんまり褒める部分がなくなってしまった作品。私のテンションが徐々にダウンしていくさまは、多分毎週の記事を見ると分かる気がする。

 印象だけで振り返ると、多分兼続が乱入するあたりまでは普通に面白かったと思うんですよ。千姫と幸村のいがみ合いも安定していたし、半蔵の立ち位置も美味しい。ギャグ自体がそこまでキレてたわけじゃないけど、「嘘江戸時代」な雰囲気をちょいちょいネタにしつつ、ヒロイン勢がドタバタしてくれている展開は嫌いじゃなかった。アームスの製作にしてはエロの売り方が弱い気もしたけど、そこまで扇情的なキャラデザでもないし、ちょっとほわっとしているくらいで充分だと思っていたし。

 難が出始めたのは、義仙の登場やら慶彦の暗躍やらで「忠義とは、サムライとは何か」みたいなメインテーマが現れだしたあたりで、語ることは語っているのだが、いかんせん上っ面だけで物語に絡まない。最終話の投げっぱなしバトルなんかはそれが分かりやすくて、十兵衛が強いのは構わないが、その裏で宗朗が何かしてたかというと、特に何もしていないのである。そんな状態で「真の将となった」とか言われても説得力は無い。そのため、実力としてはインフレを起こしたはずのバトル要素も後半になるほどスケールダウンしていったし、墨汁を絡めたアイディアもそこまで前面に押し出されることはなかった(多分一番盛り上がったのは千姫の墨汁足場だ)。

 キャラの魅力で押せないとなると、あとはいただけないラノベ要素が目立ってしまい、おためごかしのシリアス展開が鼻につき、キャラクターがどれだけ真剣でも、視聴者は共感しにくい状態に。ついでに敵勢力が最後まで慶彦だったのか天草だったのかが分かりにくく、シンプルな筋立てを追う、という浅薄な見方も許容しにくい。どうやらアニメオリジナルで1クールのけりを付けたようなのだが、流石に投げっぱなし感が強すぎたのではないか。デザイン自体は非常に面白かった作品だけに、この失速は実に勿体なかった。

 その上で最後まで視聴し、それなりに点数をキープしたのは、ひとえに「悠木碧劇場」が見られたという1点に尽きる。一粒で2度美味しい十兵衛のキャラクターを見ているだけで、あおちゃんの高性能さが伺えるというものだ。時点はぐつぐつさん役の豊崎、そして十兵衛以外の数少ないキャラ立ち出来たヒロインであるダルタニアンの中の人、小清水もそこそこの打点をキープってところか。千姫役の寿はそれなりに安定感は出てきたが、まだ「寿美菜子ならでは」っていうセールスポイントに欠ける印象。期待はしているので、他のメンバーを見習って要精進である。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター