忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[883] [882] [881] [880] [879] [878] [877] [876] [875] [874] [873]

「えむえむっ!」 4→2

 めでたく「今期心底どうでもいいラノベ」枠に認定された作品。いやぁ、特に見る点は無かったですね。最後まで見続けられたモチベーションは当然中の人たちなわけだが、それでも息切れは半端じゃなく、フォローしづらいことこの上ない。

 最終評価としては、1話で予定していた通りのマイナス点ばかりが丁寧に積み重なっていった、という感じだが、途中で早々に作画レベルが崩壊し、「萌え作品なら画だけでもちゃんと見せろよ」という要望すらかなわない状態。脚本はピックアップする部分もなく、ぞくぞく増える新しいキャラクターたちも紋切り型のどこにでもある「駄目アニメ」の典型みたいな造形。原作そのままでこの状態というならばアニメスタッフは可哀想としか言いようがないのだが、だったらアニメ化しなければ良かったね、というだけの話である。これの原作が売れているのだとしたら……一体どんな層にニーズがあるのか、逆に気になります。まだ「迷い猫オーバーラン」の方が妙な設定があった分だけ面白かった。

 一応、最後まで見続けていた言い訳をつけたしておくと、主人公を演じる福山潤はとても楽しそうだった。「ドMの主人公」というのは言葉で言うのは簡単だが、実際に「キャラになって演じて下さい」と言われたら本当にそこに入り込むのは難しい。本気の本気なら単なる病人だし、かといって砂戸太郎というキャラクターがこの作品の全てと言ってしまってもいいくらいのウェイトなので、適当にやったら全てが台無しになってしまう。そのあたりのさじ加減は、流石の一言。また、嵐子役の早見沙織も、男性恐怖症と恋心の間を抜く絶妙なラインの感情表出が面白い。最初の方はずっと「伊波さんでしかないなぁ」と思ってたけど、決め台詞となった「男の子怖いよぉ!」は結構気に入ってしまいました。そして、珍しくタカビーお嬢様役で羽目を外していた辰吉役の佐藤利奈、太郎の家族役の大原さやか・阿澄佳奈あたりのキャスティングは、話がどうだろうと聞いているだけで充分楽しめました。

 中の人の話題しか出てこない作品というのは……まぁ、それでもいいですけど。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター