忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[902] [901] [900] [899] [898] [897] [896] [895] [894] [893] [892]
 「荒川アンダーザブリッジ*2」 4→4

 気付けば終わってましたな。ま、この作品の場合、終わったって言われてもピンと来ないのは、同じシャフト制作の「ひだまり」や「絶望先生」に通じるところがあるけど。

 1期はそれなりに身を入れて視聴していたものの、どうもメインとなるネタ部分の食いつきが悪くて、最終的にはあまり評価出来ないという結論になった。そんな状態ですぐに始まった2期も結局身が入らずじまいで、何となく見ているうちに何となく終わってしまったという印象は変わらない。世間での評判やプッシュの強さを見るとそこそこ受けている作品なんだろうけど、その他有象無象のギャグに比べてどこか出色の部分があるように感じられないのは苦しいところ。個々にいいキャラクターはいるんだけど、結局その活かし方がワンパターンだからすぐに慣れちゃうんだよなぁ。

 そんな原作を、シャフトがあまり手を加えずに素材のままにアニメ化しているらしいが(原作を読んでいないのでどこまで本当かは知らないが)、そのおかげで「別にシャフトじゃなくてもよかったのでは」という感想が出てくるのも避けられない。ギャグ漫画なのだからもっとふんだんにシャフト風味をぶち込んでコテコテにしてくれればアニメ的にも面白い部分が増えたと思うのだが、今作はあまりそうしたチャレンジは見られない。シャフトのシャフト部分が見たい人間にとってはなんだか物足りない。そして、そうはいってもやっぱりシャフトなので、カット数は他のアニメと比べれば馬鹿みたいに多くなるし、演出のテンポはやはり新房テイストが支配的。原作ファンからも「シャフトは原作クラッシャーだから」と批判を浴びてしまう。結局、アクの強い制作スタジオなのでどっちつかずの状態を維持されても、得をする人間が少ないのである。

 一応フォローしておくと、前述のように個々のキャラクターで面白い素材は少なくない。2期に限っていえば高井や島崎などが壊れていくさまはなかなか面白いし、村長やマリアなどのキャラクターも相変わらず元気。そうした連中がうまくはまればギャグは面白い。ただ、2期になってから活躍しだしたビリーとジャクリーンや、初登場のアマゾネス、隊長なんかは、そこまでキャラ自体に面白味がなくて、リクの突っ込みがうまく決まらないと滑っている印象ばかりが出てきてしまう。やっぱり純粋なギャグ漫画ってのは難しい。

 そして、原作でどのような扱いになっているのか分からないが、2期はニノの金星行きに関わるエピソードが多かったわけだが、そこに微妙なシリアス要素が絡んだり、毎回のアバンのようなラブ要素多めの画面を挟んだりと、ギャグ目当てではあまり求められていない部分も取り込んじゃっているのは余分な気がする。結局金星行きの話は「常識人」であるはずのリクの中でどのように処理され、どこまで真面目に動いていたのか。視聴者の視線たるべきリクが壊れ始めてしまっては、どれだけエキセントリックなネタが飛び出しても笑いには繋がらなくなってしまうと思うのだが。……単に私の感性がずれてるだけなのかしら。

 でもまぁ、中の人劇場があれば見続けることは可能ですけどね。安心のシャフト声優陣たち。やっぱりみゆきちのドSボイスは突き刺さりますよね。ただ、役としてドSではなくて、中の人本人の辛辣な感じの方がよりリアルにキますけどね。信頼のおけるキャストと製作陣の関係性が固まっているのは、決して悪いコトじゃないと思いますよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター