忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148]

「咲 –Saki-」 4→4

 (一部の)世間的には随分盛り上がった作品のようなのだが、残念なことにその波にうまいこと乗れなかった感のある作品。原作ファンがついてたのかなぁ。でも、原作も別に面白くないしなぁ。

 本作が「萌え作品」にくくられるのは明らかで、まさか「真剣な麻雀バトルがみたいんだ!」とか、「あり得ないモーションを神がかった動画で再現したアニメが見たかったんだ!」なんて人間はそうそういないと思うのだが、その「萌え」は非常に適当な印象である。主人公の咲のキャラクターがなんだか伝わりにくい、ってのもあるだろうが、今回あまりに大量の「ヒロイン候補」が登場しているために、1人1人を観察するには時間が少なすぎる。きっちり時間を割いてその内面(キャラ付け)まで描かれたのは、各校せいぜい1人ってところじゃないだろうか。特にメインとなるはずの清澄はそれが分かりやすく、すっかり「魔王」の貫禄が出てきた咲の人道にもとる地獄の闘牌は遠慮無く笑わせてもらったが、残りの面子の何が良かったかと言われると、すぐには出てこない。単に真剣に見なかったのが悪いのか……

 もちろん、面白い部分も少なからずあった。本格的に盛り上がったのは団体戦の中堅戦あたりからで、ステルスモモ、池田、部長、そして咲あたりはいかにも「麻雀漫画」らしい無茶苦茶っぷりが画面に映えた。特に池田はそのあまりに不幸な身の上が嫌と言うほど強調されていたので、確かに人気が出たのは分かる。再序盤からこういう訳の分からない超能力麻雀バトルが繰り広げられていたというなら、多分かなり入れ込んで見られたと思う。

 ただ、残念ながら序盤のダラダラっぷりはきついものだった。当方百合好きなのでそれをエネルギーにして視聴できるかと思ったのだが、これが特に琴線に触れない。こればっかりは「微妙な好みの差」なのかもしれないが、どうも描こうとしてる方向性が間違っている気がしてならないのだ。画面のクオリティが特に高いわけでも無し、アニメとして見るべきポイントが見受けられない。清澄のみを描いた序盤であれだったのだから、キャラクターの退去する地区予選になったら言わずもがなだ(まぁ、実際は後半の方が面白かったのだが)。

 「てめぇ『大正野球娘』にはあんだけ食いついてたじゃねーか」と言われると返す言葉もないのだが、強いて違いを挙げるとするなら、「キャラで物語を描こうとする」のか、「物語でキャラを描こうとする」のかの違いではないかと思う。「たいやき」の方は、野球から1人1人のキャラクターにフィードバックさせているのが見えやすい、というのは前回書いた通りであるが、この作品の場合、とにかく「和は可愛いから、その可愛いキャラが百合だったりしたらお前らたまらねぇんだろ」という作り手側の意図があるように見える。まず伝えることを優先してもらわないと、こちらの妄想力にも限界があるのだ。

 なんだか愚痴なのか文句なのか悩みなのか分からないことを書いている気がするが、おおざっぱにまとめると、「そこまで面白いもんでもなかった」っていうだけ。視聴動機の大半は中の人補正。モモコの中の人の桃子は、すっかり芸風が確立した気がする。 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター