忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143]

「懺・さよなら絶望先生」 5→5

 ほんとに、何でこのアニメが3期まで続けられているのかがよく分からない。いや、嫌いとかつまらないとかけしからんとかいう意味ではなくて、3期まであるってことはニーズがあるってことで、言い換えればそれなりにDVDとかが売れてるってことで……なぁ、これってDVD買ってみるアニメかなぁ? ひょっとして4期とか5期とか、原作続く限りアニメも作り続ける気か? 神谷兄と新谷がラジオを終われなくて死んでしまうぞ!

 今期も特に大きな変化も無く、いつものように原作をやってました。千里の台詞の句読点が明確になったり、「にょんたか」「うったり」なんかの擬音のおかしさが強調されていたり、原作の持つ味を出来る限り画面に載せようとしてるのは面白かったかな。北朝鮮ネタなんかはどんどんやばくなってたり、政治関係は政権交代の煽りで完全に過去のものになったりもしてるけど、だからって気にするような作品でもない。あぁ、でも最終回のC,Dパートだけは原作の記憶がないな。オリジナル? なんか望もそれっぽいこといってたな。

 あえて褒めるべき点をあげるとするなら、1つは最後の絶望絵描き歌。おおよそのキャストの画力は知ってるからおどろきゃしないんだが(やっぱりてらしーはうまいんだよな)、立木さんや麦さんにまで歌を歌わせて無理難題を押しつけるのはこの番組くらいだろう。最終話は誰が残っていただろうかと考えていたら、まさかのオーケンってのもびびった。すっかり「絶望の歌を歌う人」みたいな扱いだな。

 そしてもう1つの新機軸にして最大の見どころは、千和による1人芸。毎回毎回「メル役」じゃなくて「前巻までのあらすじ」役でクレジットされていた千和。13回のあらすじを、全てあり得ないクオリティでやってのける彼女は、もう、天才と言ってもいい領域に達している。「前巻までのあらすじ総集編」とかでDVDが出たら買うぞ。出来ればアフレコ時の様子も入れてくれてたらありがたい。俺の中では、画伯の才能より、朋先生の容姿より、千和の方が奇跡の生物だと思う。 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター