忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1551] [1550] [1549] [1548] [1547] [1546] [1545] [1544] [1543] [1542] [1541]
「gdgd妖精s」 5→7

 今年を総括する作品はこれかもしれない。ホントにね、ヤなところに刺さる作品でしたよ。まぁ、こういうのが楽しめちゃうのはひょっとしたら声オタの特権なのかもしれないけど……いやぁ、とんでもなかったよ。

 同じクリエイターが作ってるってんなら「ネットミラクルショッピング」ももっと話題になって良かったはずなのだが、あちらはほとんど泣かず飛ばず。この作品は、少なくとも配信元であるニコニコ動画の視聴回数を見る限りでは充分なキラーコンテンツとなったことが分かる。この違いはどこにあるのかと言われれば、やはりそれは「萌え」が一翼を担った「ユーザーに媚びた」部分ということになるだろう。女の子3人が楽しげにお喋りするだけの番組なんて、いかにも昨今の「日常系」みたいなセッティングじゃないですか。この時点で、まずポイント稼ぎは出来るんですよ。

 だが、ちょっと待て。冷静に考えて、フルCGで描かれて大して動きもしないピクちゃんやシルちゃんは、本当に「可愛い」「萌える」存在なのか? いや、これで萌えが多発するってんなら、同じようなコンセプトで製作された「古墳ギャルコフィー」だってもっとファンが増えても良いはずだ(あたしゃ好きでしたけど)。はっきり言って、この作品を支えていたのは単純な「萌え」ではない。となるとやはり……最大の勝因は、gdgdだ!

 見事だったのは、ニコ動配信という形態を巧みに利用したユーザーとのインタラクションの効果だろう。ニコ動のうま味と言えば、即座に視聴者からのレスポンスが得られる点であり、最初に配信側がばらまいた「ネタ」のどこに食いつき、何が人気なのかを直ぐに知ることが出来る。普通のアニメならば、そこから製作期間がかかるので「商品の映像特典で反映させる」くらいなら不可能ではなかったが、わずか1クールの間に「視聴者の意見」を取り入れるのは流石に不可能。しかし、この無茶苦茶なスタイルだったからこそ、gdgdは完全なる双方向配信を可能としたのだ。楽しむ視聴者と、それを見て更に悪のりする制作側。「森のバックステージ」などの企画でも繰り返しメタネタを連発し、気づけば送り手と受け手の2者の共同作業で作り上げる、不可解な「悪ふざけの集大成」が完成したのだ。新時代のアニメコンテンツとして、ここまで馬鹿馬鹿しく、面白いものが出来上がったのは、なんだかとんでもなく残念な話ではないか。いや、馬鹿なことって素晴らしいですけどね。

 そして、映像面での見るべき点がそんなにないってことは、もう、中の人の話をすればいいんですよ。普通、アニメは「脚本」「映像」「音声」の3パートを別々に評価していくんだけど、この作品の場合、映像のモーションキャプチャにしろ、最終話に代表される脚本の引っ張られ方にしろ、とにかく中の人に依存しすぎである。「アフレ湖」が「本編」と言われるほどのインパクトを持っていた時点で何かおかしいよ! 朝10のテンションだからだよ!

 まず、見事なミュージカルスキルで綺麗なモーションキャプチャを見せてくれた踊り手、三森すずこ。「リアル腹黒ピンク」の名は伊達ではなく、「火傷をする突っ込み役」担当だったはずなのに、時折見せる救いようのない台詞が、この作品を単なる「ぼけ」「つっこみ」という形式から解き放つ役割を果たした。次に、フリーダム過ぎる聖闘士星矢ファン、水原薫。みずはらさん、あなた自由過ぎます。正直、どこかで「この仕事別に無くてもいいや」とか思ってません? もう、その自然体が格好良すぎますよ。相変わらずの「みさおボイス」が癖になりますね。普段のしゃべりを聞いてると、どこからあんな声が出てくるのかと不思議に思うときがあるわ。

 そして、この作品の全てを決定づけてしまった悪魔の子、明坂聡美。あけこが産み出した房子が、まさかここまで羽ばたくことになろうとは……無駄な芸、無駄な意気込み、無駄な才能。あけこの残念っぷりが徹底的に磨きあげられ、最終話にいたっては「明坂オンステージ」である。今後の仕事にも確実に影響が出るレベル。是非とも、今後のプロフィール欄には、「代表作:「gdgd妖精s・持田房子役」って書いてほしい。うん、罠だ。あけこは42歳になるまでに結婚出来るといいね……

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター