忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1552] [1551] [1550] [1549] [1548] [1547] [1546] [1545] [1544] [1543] [1542]
「THE IDOL M@STER」 5→6

 今期最後の感想となるのは、この、確実にいい仕事をした感のある「大作」だ。これを見て1年を締めくくれるというのは、まぁ、幸せなことだったと思いますよ。

 放送前には色々と不安の声も聞こえていた今作。あれだけ根強い原作ファンを抱えた上、原作ゲームの「2」の商品展開ではメーカー側とファンの意識の違いで波乱を呼び、興味がない人間からすると「アイマスとその周りを囲む環境は、なんだかギスギスしとるんじゃないか?」という状態だったのだ。ヒロインの多いゲーム原作作品というのはアニメにする際に脚本の統率を取るのが難しく、過去にも様々な作品が原作ファンから怒りを買っていたことを考えると、やはり不安が出るのも当然のことだったろう。

 しかし、幸いなことに、今作を担当した錦織敦史監督は、元々アイマスファンだったらしく、いざ放送が始まってみると、そんな心配はほとんどが杞憂であることが分かった。1話の時点で全てのアイドルを平等に扱いたい、という意向も発表されていたし、原作ファンを傷つける結果にだけはしないと太鼓判を押していた。そして、実際にその目標は最高に近い形で叶えられた。個々のエピソードのレベルでは出来不出来はあったかもしれないが、きちんと13人ものアイドル全員に目線が行き渡り、「アイマス」の世界観を崩すことなく、アニメの25話で、1本のサクセスストーリーとしての「アイドル」を描ききったのだ。ここまできちんと「やることをやりきる」というのは、いうほど簡単なことではなかったはずだ。本当に、スタッフの愛情と情熱には敬服する。

 A−1Picturesの生みだした作品の品質自体も非常に高く、作品の胆であるライブシーンを力点として定め、そこから日常風景に至るまで、出来る限り「アイドル」の魅力を損なうことのない画面を提供し続けた。「可愛い」「綺麗」「健気」と様々なタイプのキャラクターが詰め込まれた本作だが、1人1人に合った演出方向がきちんと意識されており、個々のエピソードでドラマとしてのメリハリも効いている。普通は色々なキャラのオムニバスにするとどうしてもつぎはぎ感が出てしまうものだが、今作ではそうした「とってつけた感」が薄く、きちんと「デビューから成功まで」という縦糸の上に全員を乗せた上で、そのキャラにあった見せ場を作り出していたのが印象的だ。個人的には律ちゃんを応援していたので、彼女にも度々活躍の機会が与えられたのは、本当に嬉しかったのです。ゲームを一切知らない人間でも、まだまだひよっこだったアイドル達を手塩にかけて育て上げ、立派に羽ばたくところまでのプロセスを充分に堪能出来たのではなかろうか。

 これだけきちんとまとまった作品だったわけだが、敢えて1つ注文を付けるとすれば、「アイドル」という言葉の解釈だろうか。他の職業と違って「アイドル」という職業には明確な形がない。歌い手かもしれないし、役者かもしれないし、モデルかもしれない。何かよく分からないけど、とにかく人気商売の花形としてある1つの総合職が、「アイドル」という名前で呼ばれるものだ。今作は、流石にそのへんまで掘り返す尺は無かったのでしょうがないと思うが、特にラストの春香のエピソードあたりでは、「結局、この子らは具体的に何がやりたいんだろうな」ということを訝しく思うタイミングは何度かあったのだ(千早なんかはそのへんに迷いがないからいいんだけどね)。別に必要な要素ではないかもしれないが、出来ればもう少しキャラクターの成り立ちの根っこの部分にまで立ち返って「何故、アイドルなのか」ということもはっきりと見せられれば、もう1つ違った面白さもあったかもしれない。

 でもまぁ、そんな面倒なことを考えて見る作品でもないですよね。最後のライブシーンなんかを見れば、とにかくその華やかさ、楽しさが充分に伝わってくるので、そうした「華」の在処を見るだけでも満足出来るものなのかもしれない。ホント、必要なところで手を抜かない製作姿勢が徹底していたので、見入ってしまうような動画面での魅力はかなりのものだった。「理由なんか無くても、この華やかさがアイドルなんです」と言われれば、反論の余地は無いのだ。

 そんなわけで、最後まで特に不満なく楽しませてもらった作品でした。中の人の話は……まぁ、いいかな。アイマス声優には未だに詳しくないので。個人的には、声質が面白い雪歩役の浅倉杏美や、貴音役の原由実あたりの今後に期待したい。そして、このままアイマスアニメにニーズが膨らみ、一気に「ぷちます」のアニメ化まで期待したい。期待したい。期待したい。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター