忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1993] [1992] [1991] [1990] [1989] [1988] [1987] [1986] [1985] [1984] [1983]
「はぐれ勇者の鬼畜美学」 3→2

 これも形の上では最後まで視聴したけど、本当に合わなかった作品だったなぁ……大体の作品の場合、「ここはちょっと見るべき点だったけど、他の大半が駄目」という非難の仕方をするのだが、この作品の場合、横目で見ていて面白そうな要素が無かったんだよなぁ……唯一あるとしたら、「割と珍しいタイプの役をやってるぴかしゃの演技」。

 異世界を舞台にした剣と魔法もののラノベなんて本当に恐ろしい数があり、今期は特にこれと「僕H」「カンピオーネ」「アルカナファミリア」と立て続けに視聴しなきゃいけない日程だったので、しんどいものを見るのはかなりの苦行になった。それこそ、「俺は何でここまでしてアニメを見ているんだろう」と自分のアイデンティティを問われるほどに。結局その答えは見つからず、「よし、来期はちゃんといらん番組を切ろう」という、毎回決心していることを改めて決心するだけに留まったのであるが(今期はついに「ドリランド」を切ったんだよ!)。

 この作品は、一応「異世界から帰還し、既に実績をあげた勇者が主人公」というのが新しい切り口だったのだが、その新しさは全く話の面白さに繋がらず、余計なわかりにくさ、思わせぶりなイライラの種にしかなっていなかった気がする。主人公がとにかく「俺つえー」って言ってるだけなのでバトルに何のカタルシスも生まれないし、敵側が頑張って抵抗すればそれはそれで「最強の勇者さまpgr」としか言われないだけなので結局設定は活きない。魅力的な俺様主人公というのも数多く存在しているはずなのだが、今作の主人公の場合、無駄な紳士的振る舞いと、ニーズに無理に答えているかのようなエロ行為のバランスがちぐはぐで、最後までどういう人間なのかが見えてこなかった。もちろん、そんな主人公に振り回される回りのヒロイン勢に息吹など与えられるはずがないのである。

 エロいことをやるだけの作品があるというのは、それはそれでいいと思う。最近なら「ハイスクールD×D」とか、今期なら「カンピオーネ」「僕H」のセットは、これと大して変わらない、いわゆる「紳士枠」の作品。このジャンルでも「IS」みたいなヒット作は生まれるし、「何となくハーレムでわーわー言ってるだけでも見られるわ」というアニメは確実に存在する。だが、それが何なのかは定かでないのだが、この作品にそうした魅力は見いだせなかった。一番きついのは確実におかしなキャラクターデザインだったとは思うんだが……なんだったんだろ、あのゴツいデザインは。1話目の時点で「なんやねん」と思ったのだが、結局最後まで変わらなかったところを見ると、あれが正しいと思って描いていたってことだ。そういうニーズがあるってことなのかしら。「無闇な肩幅と長い首フェチ」とか、世の中に存在しているんだろうか。「この絵がいいんじゃないか!」という人もおそらく存在しているんだろうが、多分私は一生かかってもわかり合えないと思う。

 元々のキャラデザをさておいても、結局動画面だって演出面だって大した力は入っていなかっただろう。アームスってのはこういう作品作りは慣れたもんだと思っていたのだが、おそらくキャラデザの指揮がまずいと、そのままなし崩し的に動画の完成形もグダグダになるんだと思われる。「肉感的な」というと聞こえはいいが、身体のラインのメリハリが無くて動くともさっとするのである。同社が制作した「クイーンズブレード」シリーズと見比べると多分はっきりするんじゃなかろうか。

 結局、冒頭で書いた通りに「褒める点が見あたらない」というのが総括。そろそろこういう枠は削っていこうよ。粗製濫造の流れもボチボチブレーキが必要なんだからさ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター