忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1994] [1993] [1992] [1991] [1990] [1989] [1988] [1987] [1986] [1985] [1984]
「ゆるゆり♪♪」 5→5

 無事に2期も終わりましたー。さて、ここまでは案外行ける作品も多いんだ。次だよね、原作ストックさせて3期目まで行けるかどうか、そこで真の人気作品かどうかが問われることになる。

 2期目はまぁ、「冒険は避けた」っていうのが一番の印象。そりゃこんだけ平坦な作品で冒険も何も無いとは思うが、よく言えば無難、悪く言えば付加価値がない。もちろん、1期で人気が出た作品だし、基本的な作品作りは丁寧なもので、作画面での遊びなど、1期を楽しんだファンにきちんと2期目も見てもらおうという意志は感じられた。メインで扱いたい登場人物が多いので油断すると散漫でガチャついた印象になりやすい構成だとは思うのだが、1期で作った流れを壊さず、「積み重ね」としての続編が作れた、というのも評価出来る部分。原作でもそのあたりは意識されているはずの部分で、一応看板に「百合」を標榜しているだけあって、個々のカップリングについて、「深み」みたいなものを加えていく割り振り方には神経を使っていただろう(まぁ、ひょっとしたら視聴者が勝手に脳内補完してるだけなのかもしれないけども)。

 強いて気になった点を明文化すると、ファンの目を気にしすぎたのか、なんだか幅を狭くするような制限を勝手に作りすぎているかな、という印象があった。たとえば冒頭の「あっかり〜ん」タイムなんかは、必ず「前回以上のもので、まだやっていないパターンのネタを用意しなきゃ」という意識が先んじてかえって無理矢理なものになっていたような気がするし、あかりのおねーさん、あかねさんのキャラが、「強烈なのにそれを表に出せない」といういびつな形で確定させてしまったおかげで活かし切れていないようにも感じられた。尺やストックの問題で「単に原作に忠実に」ってなわけにもいかなかったのだろうが、どうせなら「アニメはアニメだし」ってんで適当に描き散らすくらいの奔放さがあってもよかったんじゃないか、と思う。ちなつ絵のエンディングとか、そういう単発要素だけでなくね。

 まぁ、色々と言ってはみても、あくまで「日常もの」の枠内のこと。やっぱりファンからしたらこれでいいものなのかもしれません。なんで微妙に消化不良な感想になっているかを自問自答したところ、「今期は千歳×綾乃成分が足りなかった」というのが最大の不満なのかも。ごらく部の比重が大きくなったせいで、今期は生徒会の活躍が少ない! いや、違うな、ひまさくは出番増えてたからな。単純に千歳の活躍が減ったのが不満なんだろう。私の推しカプは千×綾。時点が京×綾。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター