忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1998] [1997] [1996] [1995] [1994] [1993] [1992] [1991] [1990] [1989] [1988]
「人類は衰退しました」 6→7

 毎週感想書いてるからここで書くこと無い系作品。いやぁ、本当に勢いのある良い作品だった。下手したらラノベ原作でここまではまったのって初めてじゃないかしら。ギリギリ悩んだ結果「ラノベど直球の台詞回しとかがなぁ」と躊躇ったが、加点することにした。

 気に入らない部分もあったわけだが、いちゃもんつける部分が違う気がするんだ。これ、文体がどうとか、設定がどうとかいうレベルの作品じゃないものな。脚本面について語るとしたらたった2つだけで足りると思う。「わたしちゃんがどう」と「妖精さんがどう」だ。そして、その2点とも、ずぶずぶとはまるだけの深みと勢いがあった。新しい時代を作るアニメっていうのは何か唯一無二の「新しい要素」があるものだが、今作の場合、「妖精さんがいた」というその1点だけでも、何か開けちゃいけない扉を開いたんじゃなかろうか。まぁ、基本的に私の属性として「信じられないくらい小動物に弱い」というのがあるので、ちまっこい妖精さんがグダグダとどうでも良いことをいいながら蠢いているだけでも、勝手に印象がどんどん良くなってしまうのだ。

 もちろん、そんな外面的なものだけが売りだったというわけではなく、妖精さんが産みだすカオスをしっかりと「作品」として成立させるのが、コンダクターたるわたしちゃんの役目。彼女の飛び抜けた対応力あってこその作品である。昨今のラノベ、少年漫画などをひっくるめてみても、ここまで「悪い」主人公というのはなかなかいなかったに違いない。「悪役」を主人公にした作品ならいっぱいあるだろうが、そういうことじゃない。わたしちゃんの場合、性根が本当に悪いのだ。悪さが余りに人間くさくて、「最低の奴だな」と思えば思うほどに魅力的に見えてきてしまう。この不可解な感情は何かしら。「外道萌え」? それとも単なるMっ気なのか。まぁとにかく、1クール終わって言えることは「妖精さんもわたしちゃんも可愛かったな!」である。考えてみりゃ、「瓶詰妖精」「gdgd妖精s」ときてこの作品。妖精がいる作品は全部はまってる気がするな。ん? 「伯爵と妖精」? いや、3話くらいまでしか見てませんし。

 改めて制作陣について確認しておくと、今回は確実に岸誠二の「勝ち」と言ってしまっていいでしょう。「原作つき作品にハズレ無し」の岸誠二の勝ち星がまた一つ。「神様ドォルズ」「ペルソナ4」ときて3連勝か。ボチボチ過去の因縁は忘れそうになっている私。まぁ、サポートに小坂春女、脚本が上江洲誠とかなり安定していた上、キーアニメーターとして沼田誠也がついてたんだものなぁ。かなり恵まれた制作体制だったのは事実だろう。それでも、あんだけ無茶な背景設定とか、紙一重な気がする色彩の使い方とか、冒険するところはちゃんと意欲的に作り込んであるのは嬉しかった。今期はラノベ原作が本当に区別出来ないくらいに横一線に並んでいただけに、区別出来る特徴がはっきりしている作品っていうだけでもありがたかったのですよ。是非とも2期以降に期待したい。

 中の人については……もういいかな。妖精さんの週替わりキャストで出てくる名前がいちいち「なるほどそう来たか」と思える人選で毎週楽しませてもらった。あとはもう、中原麻衣を崇め奉ればいいじゃない。「中原麻衣で良かったキャラを3つだけ選びなさい」とかいう質問をされたら、悩みに悩んではげるレベル。プリエ・メイ・マイア・舞衣・蒼乃・晶子・モルガン・七実・贄川・セルニア・わたしちゃん←イマココ!

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター