忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2188] [2187] [2186] [2185] [2184] [2183] [2182] [2181] [2180] [2179] [2178]
「神様はじめました」 5→5

 少女漫画2本目。こちらは当初予定していた通りのゴール、といった感じで、何度も話題に上ったり、取り立てて盛り上がるような作品でもなかったのだが、きちんと期待されたレベルの進行と着地が出来たかな、という印象。まぁ、大地丙太郎作品というだけでなんだかノスタルジックな気分になり、画面を見てるだけでも落ち着くっていうのはおっさんの思考なのかもしれませんけど。

 本当に昔ながらの少女漫画だなぁ、というのが結局一番分かりやすい感想で、奈々生の分かりやすい主人公気質とか、男性視聴者からするとどうにも現実感に欠けるような巴衛のよく分からない行動原理とか、あまり深く考えずに「まぁ、少女漫画の展開ならこうなるよね」という筋立てがてんこ盛り。惚れた腫れたは必要不可欠だが、結局奈々生が巴衛のどのあたりに引かれているのか、逆に巴衛が奈々生を無視出来なくなったのは何故なのか、といったあたりの恋愛感情のプロセスは割となあなあ。男性キャラは少しずつ回りに増えていくのだが、最終的に奈々生を認めるようになったプロセスがはっきり印象に残ったのって、瑞希だけだった気がする。でもまぁ、あんまり深く追究するようなもんでもないんだよね。基本はコメディ作品なんだし、ドタバタしてるうちに何となくくっつきそう、っていうだけで説明は不要なジャンルだろう。

 あとは、それを見せる構成演出の部分だけですよ。大地監督は放送前に「少女漫画は得意なジャンルなので」と嘯いていたし、本当に定番の、安心して観ていられる画面。奈々生の無闇に不幸な生い立ちとかは同じく大地監督がやっていた「フルーツバスケット」の透を思い出させたりもするが、あそこまで女神なキャラ設定でもないので、奈々生の場合は多少あざとかったりウザかったりするのも魅力になっていただろうか。他にも鞍馬のアホアイドル描写とか、龍王絡みの節操のないお話とか、「色んな男が出てくる話」なんだけど、最近の乙女ゲーアニメなんかとは違ってまだお話主体で入りやすい中身なので、そういうのと比較すれば、まだまだ少女漫画の方が理解が及ぶ範囲なんだな、としみじみ思った。あんまり大量にアニメ化されても追いつけないが、年に何本かのペースでちょろちょろと入っていてくれると、アニメジャンルも偏りが無くなって良いのではないでしょうか。

 中の人については、個人的に奈々生よりもそのお友達の猫田さんの方にばかり気が向いてしまうのは仕方ないところである。奈々生役の三森すずこは今期「BTOOOM」と並んで2本のメインヒロインを受け持っていたのだが、何故だろうか、どうもこの音域だとあんまり演技が乗ってこない気がする。地声に近いところなんだから本人もやりやすいはずなのだが、奈々生みたいなテンションがやや高い役だと、どうしても第一印象のシャロと比べてしまうのが悪いのかなぁ。甲高いところでかっ飛ばした方がキャラが活きている気がします。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター