忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2311] [2310] [2309] [2308] [2307] [2306] [2305] [2304] [2303] [2302] [2301]

「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」 3→3

 OK、予定通りだ。この作品はこんなもんだろう。点数下げてないあたりが自分でもちょろいとは思うけど、最後まで見てたんだからあんまり邪険にするもんじゃなかろう。本当に、1話目を見終わった時点で予測された結末から1ミリもずれずに終わった作品なんじゃなかろうか。

 結局最後まで見ていたのは意地もあったが、角川キャスト、つまりエースキャストだったので色々と新人声優もおり、それらのリサーチの意味でも見ていた。「ブリドカットセーラ恵美」なんて謎の人物も参加しており、こういう人らの仕事ってのはどんなものかっていうのを聞いておくのも、大事なことですよね。くだんのブリドカットさんも悪くない仕事ぶりでしたよ。あと、今作で良かった部分をピックアップすると「黒ウサギは割といいキャラだった」という簡単なまとめになるので、中の人野水の仕事も悪くなかったと思う。「お馬鹿様方!」っていう言い方が良いよね。ウサギが可愛いオープニング映像も、キャッチーな歌も好きよ。

 中の人の話でお茶を濁す場合は、推して知るべしという決まり事があるわけだが、中身については本当にね。横目で適当に見てただけだからあんまり語る権利も無いのだろうが、たとえて言うならRPGのお使いイベントの途中の部分だけ適当に流された感じ。起点も終点もよく分からず、目的意識もピンと来ない。しかも、それで戦闘が面白ければまだ見るべき点もあるのだが、残念ながら主人公パーティーが基本的にチートしかいないので、バトルに勝つというカタルシスも味わえないという。ボタンクリックしたらクリア出来るゆとり向けソーシャルゲーみたいな中身である(まぁ、やったことないから実際にそんなものがあるのか知らないのだが)。多分もう少し真面目に見ていたら何か考えどころもあったのかもしれないのだが、序盤から引っかかる部分が無かったおかげで、綺麗に全てのファクターが流されていった。最終的に主人公は一切傷つくことがなかったし、ピンチになったような様子も特になし。「ゲーム」とやらのルールも、その辺から適当に拾ってきて付けてるみたいなもんで、能力バトルを楽しむっていうのでもない。……ほら、まだまだ世界は広がってるし、2期も作ろうと思えば作れるよ……。

 ホント、草川監督にラノベ原作はもう勘弁してあげて。誰か全力で「なのは」を作る時間とチャンスを。山本さんだって映像作る腕はあるんだろうから、もうちょっといい素材で仕事出来るようにしようよ。……これで「カンピオーネ」の2期とか決まったらどうしよう。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター