忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2337] [2336] [2335] [2334] [2333] [2332] [2331] [2330] [2329] [2328] [2327]

「バクマン。(第3期)」 4→4

 真白も髙木も、自分のヒット作の主人公のキャストまでやってるなんて、大変だよなー……そこは別な人起用しなかったのね。まぁ、阿部敦・日野聡のダブルヒーローのアニメならそれなりにニーズはありそうだけどさ。

 さて、めでたく終了しました、6クールにも及ぶ長尺作品である。分割で3期に分けての放送とはいえ、これほどの長さは最近の(夕方以降の)アニメでは本当に珍しい。一体何がそこまでこの作品を長続きさせたのかと考えてみても、あんまり思いつかないのだよな。「メジャー」ならばNHK教育でスポ根ものっていうので分かったけど,こっちの作品の場合、あんまり教育的に良いものばかりでもないし、やたら金の話になるし。ジャンプ漫画なんだからそりゃ売り上げも大したもんだろうが、そこまでアニメを熱望されていた作品とも思えないしね。まぁ、どういう背景であれ、無事にゴールイン出来たことはめでたいことであろう。最初から最後まで基本的に作品クオリティは維持されていたし、大きく原作イメージを損なうこともなく、「原作に従ったアニメ化」としては充分及第点の出来だったんじゃなかろうか。七峰編カットっていうのは個人的には残念な判断だったんだが、まぁ、こればかりはなぁ。尺の問題もあるし、倫理的な部分でやっぱり七峰って教育向けじゃないからね。

 あとは原作の中身についてあれこれ言うのと同じことになるのであんまりアニメについて語る意味は無い気もするのだが、しいて3期目の特徴をあげると、作中世界の価値観が定着してしまっているせいで、もうアンケート順位とか発行部数とか、そうした「パワーの値」がどんどん形骸化して、あんまり盛り上がりに繋がらなくなってしまったことが気になった。1話の中で「今週何位でした!」って言ってるだけで終わったときとかあったしな。そういう方法でしか表現出来なかったものなんだけど、やっぱり「頑張って夢に向かっている若者の物語」としては無味乾燥で味気ないものになってしまった気がする。もう少し他の尺度、つまりアニメにして画面映えするようなものがあれば中盤にももう一山作れたと思うのだが……まぁ、題材が題材だから難しいよね。あと、やっぱり声優云々の話とか、漫画だと分かっていても若干引く部分がございましてね。なまじっかリアルめいた題材なもんだから、そういうところで典型的な少年漫画ご都合主義が展開されるとどうにも据わりが悪い。スキャンダル中の声優の生ラジオで誰とも分からない視聴者からの電話繋ぎって、ラジオスタッフの首がどれだけ飛ぶか分からんぞ。

 ということで、トータルでみると、内容的には1期、2期よりも素直に盛り上がりにくい部分は増えたかな、というのが総合的な印象だ。まぁ、強くなってきた主人公が無双し始めると嘘くさいってのは仕方ないことだけどね。大きく加点される要素も無いので、最終的にはこれまでと同じくらいの評価になるのです。あ、でも前半のオープニングはホント好きだった。最終回でラストテーマが「もしもの話」だったのは嬉しかったです。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター