忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2338] [2337] [2336] [2335] [2334] [2333] [2332] [2331] [2330] [2329] [2328]

「八犬伝ー東方八犬異聞ー」 4→3

 すみません、正直あんまり真面目に見られなかったので、中身は把握出来てないです。どうしてもこの手の作品はおざなりになってしまうのは仕方ないこととしても、どうせ観るんならちゃんと観た方が良いだろうとは思ってるのだけども……

 ヤマサキオサム監督のディーン作品ということで、画面は本当に綺麗。イケメンキャラのお嘆美デザインにしろ、いつの時代だか分からない不可解な世界設定にしろ、一度たりとも気を抜くことなく、「とにかく綺麗なイケメンが見たい」というニーズにはがっつり応えてくれる作品。つまり、世界の有り様を充分理解しており、とにかくキャラが動いている様子が見たいという原作ファンにとっては嬉しいアニメだったのではないかと思われる。きちんと腐向けのご要望にお応えする画面構成は実に手慣れたものであるし、腐った視点以外でも、ちゃんとイケメンはイケメンらしく動き、しゃべるのだから、おそらくこれを見る正しいファン層のことは全て分かった上での作品だ。そういう意味では、やはりディーンがこれまで培ってきたそっち方向の実績は伊達じゃないということは分かるのだ。

 ただ、やっぱりそれだけだと、狙いが合わないというか、向き不向きというか。「俺はこれじゃないなぁ」というしかないのである。同じスタンスの「薄桜鬼」はゆーても歴史ロマンだったのでシナリオも理解しやすい部分が多くて、何となくでもそれなりに没入することも出来たのだが、今作の場合、頭から世界が分かっていない状態で、そのまま流し見したらどんどん世界においていかれてしまった。八犬伝というタイトルなのだからもう少し軸となる大きなシナリオがあるのだろうと思っていたら、別にどこかに向かって旅をするのでもなし、色んなところに出かけていって何となくあやかし絡みのもめ事に巻き込まれたり、解決しているだけなので、いつまで経っても本筋が見えてこない。いや、本筋があるのかどうかもよく分かってないけど。なにしろ既に2期が決まっている分割2クールであり、今回はあくまで前半戦。何も片付ける必要が無かったために、最終話といっても何かが片付いた気配は感じられず、むしろ謎が増えた状態で放り投げられてしまったのだ。そりゃ、なんとなくでしか見ていなかった視聴者としては「分からん」というしかないじゃないですか。

 繰り返しになるけど、全てが作品の責任じゃなくて、これは明らかに不真面目に見ていた自分の責任なので、「ちゃんと観たら面白いんだよ」と言われたら返す言葉がない。2期まで揃って、後半盛り上がれるようなら、改めて1期の内容も確認するようにしたい。ちなみに、最大級のモチベーションにしようとしたのが浜路の中の人だったわけだが、あんまり出番が無かったという理由もこっそり書いておく。まぁ、この手の作品で女の子の出番は多くないよなぁ。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
[05/30 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター