忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2342] [2341] [2340] [2339] [2338] [2337] [2336] [2335] [2334] [2333] [2332]

AKB0048 next stage」 5→5

 難しい作品である。真面目に取り扱うとどうにも馬鹿を見ることになりかねないからだ。結局日和って評価は据え置きにしたが、これを楽しんだというと負けのような気がするが、それなりに不満もなく2期目も無事に放送が終わったのである。一体何だったんだろう、このアニメ。

 2期は、実はあまり気に入らない要素が少なからずあった。一番大きいのは、1期で大きな注目点となった「無茶苦茶すぎて笑うしかない設定」が、2期目は流石に慣れて来たのでそこまで笑えるネタではなくなったということ。1期目は単にアイドルが空を飛び回りながら歌って戦闘機とバトったり、センターノヴァで輝き過ぎちゃうと亜空間転送されたり、そういう「一体どんな発想の奴がこんなことを思いつくんだ」というキチピーっぷりがそのまま楽しさに繋がっていた。流石に2期目は(認めたくないことだが)そうした設定も馴染んでしまっており、大きなインパクトとして興味を引っ張り続けるのは難しくなっていた。まぁ、総選挙といういかにもAKBらしい一大イベントを中盤に持ってきたので盛り上がりは作れたはずなのだが、実を言うと「総選挙というイベントは、現実でやっているあっちの方が馬鹿馬鹿しさが上であり、ギャグとしても一級品なのでアニメでやられても今ひとつ」という逆の影響もあったのである。未だに、あの選挙ってシステムの意味はよく分からない。本当にあれで盛り上がってる人間がいるんだよなぁ。

 その他、シナリオ自体も2期目の方が大味になって飲み込みにくくなっていたのは事実だと思う。選挙の後は智恵理の脱退騒動や、親父さんとのごたごたからのセンターノヴァ実験などが大きな軸となっていたわけだが、流石にあのおっさんの存在感は嘘くさい。そして嘘くささが「馬鹿馬鹿しくておもしれぇ」というよりも「何いってるのかさっぱりだ」というポカーンの方に大きくずれてしまっていた。退場の仕方も随分あっさりしたもので、なんだか終わらせるために適当に場を引っかき回してただけである。ラストのアキバスターのイベントも、「公権力と観衆が全て敵という圧倒的アウェーのくせして営業スマイルでパフォーマンスを続けるアイドル」という図はなかなか面白いのだが、素直な面白さというよりも「そこまでする意味がわからねぇ」という困惑の方に繋がってしまった。後から考えれば「嫌いにならないで下さい」の台詞の布石だっただけなのだが、流石に行動原理が謎過ぎるのである。

 そんな風に、シナリオが「厚みを増す」というより「ほころびがでる」という方向で延長した2期目だったのだが、じゃぁトーンダウンしたのかというと、そうとも言い切れない。相変わらず無茶苦茶さ加減はむしろプラスに働かせるというのがこの作品の姿勢であり、世界がどんどんアホな方向に混迷を極めると、やはり笑ってしまう。今期はツバサさんと南野さんというOG組の活躍も多く、勝手に世界の歴史を感じてしまった。引退した古参兵が戦う様子って、意味もなく燃えるんだよね。そして、相変わらず図抜けたきらびやかさを誇るライブシーンはやはり他作品とは一線を画す。特に最終話なんかは尺の半分以上がライブみたいなもんで、とにかく歌い踊り滑空する作り物めいたアイドルたちの挙動は、やはり見入ってしまうだけの魅力がある。長いこと見てると曲の方にも愛着が出てくるし、ラストソングに『希望について』っていうだけでもあっちゃんコールに参加したい気がしてくるから不思議だ。いや、嘘だ。すまん。ネット漬けが長いと「あっちゃんコール」って単に馬鹿にされてるようにしか聞こえないのが難点だな。

 結局、この作品の面白い部分は1期目と大きく変わっておらず、「それなりに、俺なりに」満足してしまっていたというのが結論。終わり方がいくらでも続編を作れるようになってたけど、流石にメイン2人がセンターノヴァと前田敦子を襲名してるので、これ以上のサクセスストーリーは難しいかなぁ。そういえば、放送中にAKB側から参入していたキャストが2名、なんと所属団体を引退して本格的に声優を目指すことにしたというニュースもあった。基本的に、そこまでして声優を目指したいという人間を邪険にしたいとは思わないので、素直に頑張って欲しいと思う。仲谷明香は既に「ちとせげっちゅ」などでそれなりに仕事もしていたし、ひょっとしたら今後も何かのきっかけで出てくるかもしれない。そしてもう一人が秦佐和子なんだよなぁ。しゃわこは「SAY YOU SAY ME」で見てて割と好きだったので是非頑張ってもらいたいところなのだが、正直、本作中での仕事ぶりは今ひとつ。どうやらもう一回養成所からのステップということになるらしいが、果たして圧倒的多数からの過当競争を勝ち抜いて花開くことは出来るのだろうか。試練の道である。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター