忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2383] [2382] [2381] [2380] [2379] [2378] [2377] [2376] [2375] [2374] [2373]

「イクシオンサーガ DT」 5→5

 今期最後に感想を書くのがこれってどうなのよ(一応「直球表題」は残ってるけども……)。でもまぁ、半年間楽しませてもらいましたよ。監督が最後の提クレ横で書いてた通り、あと半年やってもらっても全然構わないくらいに。

 結局、「もっとずっと高松&大和屋作品」という以外に表現のしようもないアニメ。何から何まで全ておふざけで構成されており、一度たりともその手を休めることはなかった。考えてみりゃ、こんなくだらない(褒め言葉)ギャグで、飽きもせずに延々半年やり続けるのってけっこう大変だ。「銀魂」なんかは原作があってそれを使っているのだから労力は少なかろうが、こっちは完全にアニメオリジナルである。よくやりきったものだと心底感心する。別の言い方をすると、心底アホだと思う。企画とか脚本会議とか、楽しかっただろうなぁ。あと、多分アフレコ現場も楽しかっただろうなぁ。

 何が凄いって、基本的に無駄になったキャラがいないってところ。メインとなる紺ご一行とインコグニートご一行は、全員方向性の違う馬鹿なのにそれぞれに個別エピソードで活き活きしており、最後の最後まで1人たりとも自己主張をおろそかにしなかった。持ちネタも大して多くなくて、ギュスターヴなんか単に延々「キャバクラ」って言ってただけなのだか、それでも何となくキャラが立ってる気がするのだ。良いタイミングであの酒場回とか入ってるし、存在感が薄くなりそうでならない。この持続力が凄い。あとはゲームやアニメのお約束を紺がいじり、世界がいじるというのがメインボディなわけだが、気付けばちゃんと紺が最後に英雄譚としてそれなりの格好を付けているのもすごい。最終回だけ見れば、割といい話な気がしてくるのだから不思議なもんである。やっぱりエレクさんが完治したのが大きいよなぁ。あのままEDで世界が終わってたら、本当に不憫でしかたなかったもんなぁ。

 あとは特に書くこと無いです。しいて1つだけ結論を書くなら、「やっぱり福山潤はすごいよな」。これを見ればイクシオンサーガがやりたく…………なるか?


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター