忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3454] [3453] [3452] [3451] [3450] [3449] [3448] [3447] [3446] [3445] [3444]

「さばげぶっ!」 6→6

 戻ってこいよ! 是非ともこの続きは見せてもらいたいぜ。「野崎くん」と違ってそれなりに原作ストックもあるだろうし、そもそも噂にはあんまり原作関係無いところでガシガシオリジナル展開もしててこの結果らしいので、好き放題やっちゃえばいいと思うよ。

 太田雅彦作品にハズレなし。今回も常のように、絶好調のギャグの連打で散々に笑わせてもらった。今作の目玉はなんといっても「ゲスかわ」という新ジャンルを切り開いたメインヒロイン・モモカであり、彼女の大活躍が毎週濃厚すぎる密度でどっぷりと提供された。漫画やアニメで「下衆だよ」「性格悪いよ」と言われているキャラでも、どうしても紋切り型の「どっっかで見たことがある」キャラに陥りがちだが、モモカさんは立派に「ゲスかわ」の看板を背負うに足る活躍だったと思う。常に自分が最優先という行動原理に加え、女子高生特有の我が儘加減が上手い具合に「苛つくだけじゃない不可解な魅力」として結実し、ギャグアニメのヒロインという大役を果たすことが出来た。画面は終始ユルユルのはずなのに、「じっとしてりゃモテるくらいに可愛いのに」という残念さもちゃんと伝わってくるあたりに、「萌えもの」としての残滓もきちんと残そうとする製作スタッフの周到さがうかがえる。

 もちろん、そうした「残念可愛らしさ」はサブキャラ勢にもしっかり行き渡っており、気付けばサバゲ部の5人はキャラがはっきりと掘りさげられ、個々の「救いようの無い」魅力が発揮されていた。個人的には、最初は「こいつキャラ弱いやろ」と思っていた麻耶が徹底的にいじられ続けることで輝きを増していく様子がとても印象深い。あからさまに浮いているようなキャラクター性でも、回りの基盤を固めてしまえばシチュエーションコントで輝けるというのは新鮮であった(まぁ、あそこまでとことん蔑まれたからこその輝きなのだが……)。もちろん、それ以外の面々は素材の味からしてクド過ぎるくらいに前に出てましたよ。まー、やっぱりトップはうららになるのかな。まさかのうららオチっていう結末が、スタッフのうららにかけた愛情を物語っているような気がするよ。 

 こういう勢い重視のギャグってのは2期目を作っちゃうと慣れてきて1期ほど楽しめないっていうことも往々にしてあるのだが(gdgdとか、ミルキィとかね)、今作はまだ残ってる鉱脈が多そうなので、今後の展開に期待しておこう。中の人については毎回わーきゃー叫んでいたのではしょるが、「ゆーみん最高や! へごも頑張った!」とかいいながらも、結局一番好きなのはるみるみなんだろうな、っていう自分の節操の無さが確認出来ました。しょうがない。このキャラじゃな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター