忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3500] [3499] [3498] [3497] [3496] [3495] [3494] [3493] [3492] [3491] [3490]

○「戦国BASARA Judge End」 5→4

 なんか、2期までとは別物になっちゃったね。原作ありきのゲームアニメとしては大きく間違ってはいないのだろうけど、正直言って「これ、アニメ見ないでゲームやった方が良くない?」って思っちゃえるのは残念なところよね。

 この「BASARA3」の舞台となった関ヶ原は、既に一度劇場版でやってしまっているネタである。アニメにする際には当然それを意識しなければいけないだろうし、以前のI.G.製作の無茶苦茶な1期目、2期目も比較対象にされるに決まっているだろう。そうした「アニメのBASARA」と比べてしまうと、どうしたって今期はパワー不足の感が否めない。1クールという短い尺の中で新キャラも含めた大量の武将たちを処理しなければならないというのがまず大変な部分だし、筋立て自体も、「関ヶ原」なんてテーマはわざわざドラマティックに1シリーズ作ろうと思っても、誰だって答えの分かっているものである。それをなんとかして独自要素で盛り上げようとしたら、それこそ劇場版みたいなかっ飛び展開を採用するしかないのだ。そして、BASARAという土壌は、どこまでもかっ飛ぶことを許してくれる懐の深さがあるはず。しかし、残念ながら今作ではそうした思い切りの良さはすっかりなりを潜めてしまっていたのである。

 描かれたのは、たとえるなら「ゲームのムービーシーンだけを切り貼りした」ようなダイジェスト。一応登場させる必要があった全てのキャラに触れてこそいるのだろうが、そのどれもが「脇役」であり、何がメインなのかはさっぱり伝わってこない。一応最終回にはこの作品の看板である幸村・正宗に花を持たせる形でアホエンドをつけたしたわけだが、どうしたっておまけにしか見えないし、それまでの展開との温度差が正直微妙。関ヶ原を真面目にやるのか、茶化すのか、それが分からないままにフラフラとゴールに入ってしまった形である。どう考えてもお市のくだりとかは関ヶ原を描く上では余計な要素でしかなかったし、ちゃんと描くならもう少し小早川をなんとかして欲しかったし。

 まー、あんまり真面目に扱うようなもんでもない気もするのだが、これまで築き上げてきたBASARA文化の中ではどうしたって小物扱いは否めないシリーズであった。次の世界では増えすぎた女性キャラだけの「ガールズBASARA」とかやって吹っ切れればいいんじゃないかな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター