忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3620] [3619] [3618] [3617] [3616] [3615] [3614] [3613] [3612] [3611] [3610]

「アカメが斬る!」 5→5

 ひとまず2クールお疲れ様でした。最近では珍しく、2クールの尺でもってきっちり締めたという時点で、まずはスタッフに感謝しても良い作品だと思います。

 意外だったのは、途中からアニメオリジナル展開に入った(らしい)ことである。どうやら原作の方はまだ完結していないようで、アニメできっちり線引きをするためにオリジナルであのような「結末」になったらしい。どの辺からがオリジナルなのかは原作を途中までしか読んでないからしらんのよね。こういうスタイルってのはアニメ化されるとたまにあると思うのだが、今作の良いところは、そうしたオリジナルへの流れがかなり自然になっており、それまでのストーリーの収束点としてきっちり機能していたところ(ぶっちゃけオリジナルだって気付いてなかったし)。もちろん、広げてきた風呂敷を途中からたたむのだから多少性急になった部分はあるだろうが、それでも納得の行く幕引きにはなっていたし、一本の大きな「戦記物」ストーリーとして読んで、「なるほど、まとまった」と思えるだけの結末になっていたのではなかろうか。

 良かった点から上げていくと、そうした「必要に迫られたまとめ」ではありながら、作品独自の「むごさ」みたいなものはギリギリまでキープしており、バッタバッタと人が死んでのまさかの全滅エンドは、新しい時代の夜明けを迎えなければならない「革命軍の反逆」ストーリーとしてはとても座りの良いものである(殺すために殺した向きも無いではないが)。確かに主人公チームがほぼ全滅ってのは後味の良いものではないのだけど、この作品の最大の売りは「主人公側全員が殺し屋稼業」という部分であり、作品冒頭でも、「悪であることを認め、罪だと自覚しながらも未来の可能性のために人を殺め続ける」というタツミの覚悟が描かれていた。そうした「悪による戦い」というテーマ性を保持するためにも、最後は「命をなげうつ」ところまでがセットであるべきだ。個人的には、死ぬ死ぬと思われながらも何度も生き抜き、最終的に男を見せながら散っていったラバックの死に様は見事なもので、実に良いキャラに仕上がったんではないかと思う。安易な救いを与えて終わるのではないってのもポイントで、最終的に皇帝は処刑されているし、一見すると望ましい死を迎えたかに見えるエスデスにしても、実はタツミに対して「お前と一緒に逝ける」ではなく、「お前と一緒ならば良かったのだが」と、末期にも自分はタツミと志を同じく出来なかったことを理解しながら死んでいる。こういう細かい部分で、一つ一つ「納得させてくれる」ストーリーになっているのは良いと思う。

 反面、やっぱり無理が出ている部分は少なからずあり、個人的には無理矢理気味にレオーネまで殺す必要があったのか、というのはやや疑問。前述のように「殺し屋は命を賭して」というのを遵守するならばレオーネもその例外ではないのだが、彼女みたいなキャラクターは「表の代表」ナジェンダ、「裏の代表」アカメと一緒に「民衆の代表」として生き残らせても良かったと思うんだけどね。あと、どうしようもなかったとはいえ、大臣の扱いが最後の最後で残念である。あくまでも「謀略のみで生きてきた下衆」を演出した結果なのかもしれないが、やはり、最後には彼にも一度殴り合いに参加してもらいたかった。タツミたちにしても、全力で突っ込んできた大臣を拳でぶっ飛ばしてこそのカタルシスがあったと思うのだが。その辺はちょっと消化不良ね。マインの死に方が割と適当だったのも気になるところではあるなぁ。

 ま、メインシナリオの性質上、100%すっきり満足、ってな終わり方になる作品ではなかっただろうから、そのあたりの小さなわだかまりは必要経費だろう。こうして「終わった後の満足感が大きい」ストーリーアニメがちゃんと出来ただけでも割と満足。ラストの皇帝VSタツミ戦、そしてエスデスVSアカメ戦なんかは映像面でも迫力があって満足出来るものだったしね。中盤はWHITE FOXには珍しく、ちょっと残念な作画の時もあったんだけどね。あと、理不尽な修正ね。もう、深夜アニメなんだから多少過激な表現があったってええやんけ。お子様に見せたくないんだったら、大人しく寝かしつけろ。子供さんは多少のグロやエグいシーンみたくらいで非行に走ったり精神にガタが来たりせんわい(あくまで個人の感想です)。

 トータルでいうと「小林智樹の新作としては飛び抜けた部分はなかったけど、まずまず期待通り」くらいのものでした。最後は当然中の人のお話だが、シリーズ通して一番好きだったのは……セリューかなぁ。ぶっ壊れ花澤香菜はホント好き。もっとこういうエグくてどうしようもない役もガンガンやってほしいけど、ここまでエグい役があるアニメはあんまし無いな。どうしても悪役が目立つにアニメなのでそっちにばかり目が行ってしまって、その他にあげるなら大臣役の石井康嗣が流石の存在感。いつでもどこでもぶっ飛ぶいやらしさがたまりません。こんな役やってるのに、夕方のワイドショーとかで淡々とナレーションやってるギャップが笑える。あとはやっぱりエスデスでしょうね。相変わらずあけこの演技ってどっか不安になるような危うさがあるのだが、今作の場合はエスデスの不可解なメンタリティと相まって面白い効果を出していたと思う。エスデス同様、あけこも生まれ変われば理想の旦那を見つけることが出来るのか……。そしてメインとなった若手は斉藤壮馬。安定感のあるヒーローっぷりは、確実に今後に繋がる仕事。メインヒロイン勢としては雨宮天と大橋彩香という、「あんまりそんな気はしないけどほぼ同世代」コンビがあがる。へごは本当になんでも出来るよな。天ちゃんは、未だにこれといった特徴をつかめないでいるのだが、こういうボーダレスな溶け込み方が売りになる役者ってのもいるからね。ミュージックレインでは珍しいタイプだが、今後どういう方向に進化するんだろう。楽しみである。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター