忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3632] [3631] [3630] [3629] [3628] [3627] [3626] [3625] [3624] [3623] [3622]

selector spread WIXOSS」 6→8

 うん、大好きでしたよ。綺麗に2クールのお話がまとまったというだけでもありがたいが、ちゃんとそれが全部引っくるめて面白かったらいうこと無しやで。

 毎回視聴後のテンションの上がり方は各話感想を見てもらえば充分でしょう。その上での総評ということは、やはり1期からシリーズと通しての評価ということになる。今作で白眉だった点は、最近流行りのいわゆる「鬱系魔法少女」をベースに置きながら、そのシステム面にきちんと道理の範疇にまとめあげ、解消に至るまでを整然と描けた部分にある。いや、もちろん分からない部分はたくさんあるよ。結局繭やるう子って何者だったんや、とか、スタート地点となる部分には謎も残されているのだが、その部分は今作2クールを見る上ではそこまで重要な部分ではない。あくまで、セレクターバトルという舞台が用意され、その舞台の上でやれるだけの演目を演じ、最終回までにはその舞台が綺麗さっぱり片付けられ、後に残されるのは満足感だけ、という事実が重要なのである。最終話でも書いたが、これこそが岡田麿里の手腕。中盤にあれだけわやくちゃになり、何が何だか分からないままにどろっどろの愛憎劇であさっての方向にトバしておきながら、ちゃんと無難な着地点は用意している。「鬱系魔法少女」は、まどマギを皮切りに出てきた新ジャンルであるが、どうしても世界設定にどんでん返しを仕込んだり、抗えない理不尽さを演出するために収束に難がある場合が多いが、この世界はそれまでの鬱が嘘のようにすっきりさわやかに幕を下ろしている。この落としどころはなかなか容易に見つかるものではないだろう。こういうぶっ飛ばし作品の巧さは「凪あす」や「ブラックロックシューター」「CANAAN」など様々なオリジナル作品で確認することが出来るのである。

 そして、こうしたメインシナリオを彩る制作スタッフの手堅さも見逃せないポイント。本作はJ.C.STAFFの中でも中堅以上の手堅い職人が揃っており、下田正美、二瓶勇一、桜美かつしといった名前が連なる。これをとりまとめる佐藤卓哉監督の安定感も格別であり、オリジナルアニメでここまで統制の取れたシリーズが展開出来たことは、やはり熟練のJ.C.というスタジオの勝負勘があってこそだろう。特に今作は独特の薄暗い舞台描写のこだわりがよく出ており、シリアスを徹頭徹尾貫きながら、その中でも「シリアスな笑い」に繋がるネタ要素を真顔で盛り込んでくる時の演出のさりげなさがニクい。我らがあきらっきーというスーパーヒロインが誕生したのも、このシリアスとネタ要素の無体な折り込み方が功を奏したおかげである。

 普通、実在するカードゲームの販促アニメというと大体フォーマットは決まっているもので、どうしたって朝アニメのような展開になりがちであるが、そうした「販促アニメだから」というしがらみを全部かなぐり捨てたかのような潔さが今作のエポックメイキングなところであり、このアニメを見て小さいお子様たちが「わぁ、WIXOSSやりたい」なんて気持ちは絶対に起こさない。大きなお友達だって、このアニメを見ただけじゃWIXOSSのルールはさっぱり分からない。それにも関わらず、アニメ効果でWIXOSSは新作カードゲームとしては異例の売り上げを記録したというではないか。なるほど、アニメとタイアップするときの「売り方」というのはこういう手法もあるものかと、目から鱗である。このアニメを見てセレクターバトルの理不尽さに恐れおののきながら、僕らは和気藹々とゲームに興じればよいのである。試合中に真似する台詞は「デュエルオープン!」とか「ホワイトアイズを召喚!」とかではなく、「わたしをあきらぶりーにしてよぉ!」とか「あんたの身体をわたしがひっきりなしに循環する!」とかでいいわけです。わぁお。

 こうして出来上がった「WIXOSSやろうぜ!」の世界、鬱になり、ハイになり、時にはサイコレズになって舞台を盛り上げてくれた中の人たちに最大の賛辞を。筆頭にくるのは座長となる加隈亜衣であろうが、その立場上、唯一事の顛末を全て知らされていたという繭役・種田梨沙も陰の功労者であろう。彼女の作った世界、彼女の作ったダークファンタジーが、作品をここまで刺激的なものにした。そんな繭の手の上で踊らされるのは、久野美咲、佐倉綾音、茅野愛衣、瀬戸麻沙美、川澄綾子らの見事なお仕事。ちより役の杜野まこも、声優としての仕事はこれがほぼ初となるが、実によいお仕事。エルドラさんとのコンビもばっちり。

 そして、ネタ要素を一身に引き受けてくれた大役、あきらっきー役の赤﨑先生、それにウリス役のくぎゅう。あんたらやっぱりエースだよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター