忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4033] [4032] [4031] [4030] [4029] [4028] [4027] [4026] [4025] [4024] [4023]

○「アクエリオンロゴス」 5

 同時上映のアクエリオンLOVEが面白かったッスね。獣が2人して「臭い」「お前が臭い」って言い合ってるところが特に。久しぶりに色んな馬鹿を見ました。

 そして、そんな馬鹿の共演に引き続いて始まったのがこの新作アクエリオンなんですが……んーー、普通? なんか、あんまりアクエリオンっぽくない。いや、そりゃのってるマシンはアクエリオンだし、馬鹿な事をやってるっていう部分は変わってないんだけど、なんか、割とあっさりしてる。映像の迫力に乏しく、馬鹿をやっていてもそこまで見映えがしないというか……まぁ、キャラデザがこれまでと違うことも大きく影響していると思われるので、慣れてくればこのデザインでの良さも見えてくるのかもしれないけども。

 アクエリオンっていうと、やっぱり「神話」なんだよね。1期と2期でも全然舞台設定は違っていたけど、そこには現代社会の諸々が介入する余地の無い、素敵(キチガイ)ファンタジーが広がっていた。だからこその無茶であり、だからこその合体なんだ。でも、今作の舞台はまさに現代日本。多分そのあたりからして若干抵抗があるんだろうなぁ。映像に関しても、特にクオリティが低いということもないはずなのだが、あんまり力業で押そうっていう意図が感じられず、1話目は世界を説明するために淡々と流している感じ。ここから先で盛り上がってくれればかまわないけど、このまま熱量で進まれるとちょいと肩透かしだ。責任をなすりつけるのは良くないが、今回は監督が佐藤英一なんだよなぁ……実績残してない人なんだよなぁ……「ノブナガ・ザ・フール」の人なんだよなぁ……。完全に後付けだけど、「EVOL」の山本裕介はその後も「ヤマノススメ」とか「ワルキューレロマンツェ」とか、きちんとその尖ったセンスを活かした仕事ができていることからも、おそらく河森監督の無茶苦茶に付き合うだけのタフネスがあったんだろうと思ってるのだが、さて、今作はどうなるかね……。

 まぁ、色々とありつつも、多分個人的に一番引っかかってるのは「つうかそれ『妖奇士』でやったやつじゃん」という部分である。漢字バトルアニメはもう先に名作が存在してるんだよ。わざわざアクエリオンで日本に来ないで、「妖奇士」の完全版つくってくれよ。いや、製作会社も何もかも関係無いけどさぁ。「漢字が化けるアニメーション」の部分も、割と似てるんだよねぇ。あ、でもここから常用漢字全部を1話で1文字ずつ解決するっていう展開なら斬新だからそれは認めるわ(現在の常用漢字は2136文字らしいので、大体164クール作品になります)。冗談抜きにしても、「漢字1文字1文字にドラマや能力をつけていく」っていうのは「CCさくら」のクロウカードみたいで面白いとは思うけどね。今後も、今回の「無限拳」のような無理矢理漢字遊びがガンガン入ってくれば、オリジナリティも出てくるので面白くなるかもしれません。きっと登場人物全員の名前に色々とネタが仕込んであるんだろうなぁ(MIXの時みたいに)。

 中の人については、1話目ではあんまり言うことないけど、うりょっちが総司令ポジションだったのはちょっと嬉しかった。あと何かチンピラっぽい奴の声が変。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター