忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4030] [4029] [4028] [4027] [4026] [4025] [4024] [4023] [4022] [4021] [4020]

「やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続」 3→3

 やっぱり嫌いです。以上。

 なんなんだろね、これ。

 普段、評価を下げる作品ってのはどこかしら「画が悪い」という要素が入ってくるものなのだが、今作は画に関しては特に問題は無い。特別良いとも思わないが、決して作画が崩壊してるとか、演出に手抜きがあるとかいうことはない。だからこそ最後まで観られているわけだし、むしろ1期よりも画は好みになったかもしれない。でも、嫌いなんだ。私は普段、このブログにおける作品評価で「嫌いだ」っていう言葉はあまり使わない。前提条件として作品のいいとこ探しをしようと心がけながら視聴しているし、もし「嫌い」だったとしても、「嫌いだから嫌い」は理由にならず、出来る限り自分の言葉で「ここが悪かったからダメ」と理由付けするように努力している(結実しているかどうかは定かでないが)。しかし、今作においては、どうしても「嫌いだ」という言葉を使わなければならない気がする。その世界を包む「律」が嫌いなのである。

 1期の時と大体同じ感想になってしまうが、全てのキャラクターの心情が理解できないっていうのが最大の障壁なんだろうな。そして、その中心にいるのが比企谷八幡という男だ。人嫌いを自称しておきながら人から離れられない臆病者。自分は世界から逸脱していると自嘲しているのに、自分以上に世界を理解している人間はいないと謳う勘違い野郎。そんな人間が主人公をやっていればヘイトが溜まるのは当然であり、作品作りとしてはこのいけ好かない男を徹底的に叩くところから始めればいいのだが、何故か世界は奴を受け入れる。奴が正しいと声高に主張する。作品作りにおいて「天才」を描くためには回りを精一杯馬鹿として描くしかなく、「天才」を描く技量が無い作家がこれに挑戦すれば、相対的に世界の馬鹿は加速する。それと同じようにして、「ムカつく奴」を中心において、これを主人公として魅力的に描きたいと欲求するとき、世界は相対的に「よりムカつくし、理解できない世界」になっていく。今期中盤から登場した意識高い君なんかはその典型で、どう見ても馬鹿だし間違ってるし好かれるわけないことは一目見て分かるキャラになっているが、それをだしにして比企谷を持ち上げようとしても、あまりに底が低すぎて一切あがってこない。むしろ、そんな馬鹿の極みを相手にずるずると何話も状況を引っ張り続けた奴は同罪であり、より評価は下がる一方。

 そんなゴミクズがウジウジしているだけなのに、何故か回りは比企谷に優しく、彼に同情の言葉をかけたりする。「友達関係を壊したくないから、友人が友人に告白するのを阻止しなければならない」というミッションで、「告白直前に自分が出ていって玉砕することで場を取り持つ」なんて頭が沸いてるとしか思えない行動に出るのに、メインヒロインたちは「正しい行動を取った」と認めるような発言をする。この世界の人間は、一体どういう思考回路で動いているのだろう。全く理解できない。それなのに、世界はさもそれが当たり前であるかのように進んでいくのである。

 だからしょうがない。僕はこの作品が「嫌い」なのだ。とりあえず、画の点数、キャストの点数でこの辺りにしておきますが、流石に3期があったらそろそろ不毛なので避けて通ろうかと思います。あー、でも小町は可愛いんだよなぁ……。小町だけは、比企谷に対して「肉親だから」っていう理由で「嫌わない」理由があるのが大きいのかもしれない。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター