忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4195] [4194] [4193] [4192] [4191] [4190] [4189] [4188] [4187] [4186] [4185]

「空戦魔導士候補生の教官」 3→4

 思ったより悪くなかった。いや、「思ったところ」が悪すぎただけって気もするけども。決して人に勧めようとはおもわないが、別に見ていたことを後悔するほどでもない、そんな作品。

 元々「駄目ラノベアニメ」の条件を完全に満たしている状態からスタートしたので期待は欠片も無かった。実際、このアニメは結果的に「駄目ラノベアニメ」である。やってることはテンプレだし、シナリオラインに引きこまれるような厚みがない。キャラの造形もおきまりのものを引っ張り出してきただけだし、アニメーションとして作画、構成に飛び抜けたものもない。最終話の戦闘シーンなど、実にひどかった。制作者には申し訳ないが、「どうだった?」と聞かれたら「別に見なくてもいいよ」と答えるしかないだろう。ラノベランキングでいえば、「ファフニール」とどっこいどっこい、「新妹魔王」よりやや下、くらい。うん、自分でも規準がよく分からなくなってる。

 でも、だからといって時間の無駄だったとは思わない。特に悪印象を抱かなくなった理由は、この手のラノベアニメにありがちな「どんどん視点が散って訳が分からなくなる」現象が起こらなかったことだろう。最近だと同じスタッフで作ってた「聖剣使いの禁呪詠唱」やら、「星刻の竜騎士」やら、とにかくヒロイン勢が回を増す事に増えて、「次はこのヒロインについてのお話です」を延々繰り返されるだけ、あっという間に誰が誰か分からなくなり、キャラに入り込む余裕が無くなる。制作者側も完全にキャラを使い捨てと認識しているかのように、大した掘りさげもなく、現れては消えていく。そんな駄目作品ばかりを見ていたので、本作の(とても当たり前な)構成はむしろ好ましく感じた。メインで扱われるのは、主人公の教え子である3人だけ。さらにその中でもリコなんて割と自学自習で任せていたために、実質的に掘りさげられたのはミソラとレクティの2人だけだと言ってしまっても良い。ミソラの我が儘勝手な態度はメインヒロインとして褒められたものではないし、あんまり好感度は高くないのだが、それでも「彼女が何を思っているか」くらいは理解出来るようになった。それすらままならないアニメが多い中で、この1点は充分評価に値するものだ。原作がどの程度の密度なのかは定かでないが、アニメにするならこれくらいゆっくり見せてくれる方が落ち着いて追いかけられるってもんだ。

 まー、「そんなの当たり前の礼儀だろ」と言われたらそうなのかもしれないですけどね。後の部分については特に思い入れは無いかな。いわゆる「教師もの」で、「よく分からない特訓をすると強くなっていた」という黄金パターンなんだけど、「何がどう作用して落ちこぼれがあんなに勝てるようになったのか」っていう肝心な部分は結局よく分からないまんまだったし、相手取る気にくわない敵キャラポジションが全部テンプレ臭い雑魚ばかりだったので「勝った! 成長出来た!」っていう達成感も薄かったし。やっぱり3ヶ月経ったら忘れる作品になってるかなぁ。

 そろそろのじょさんの主演作品で目の覚めるような良作が見たいな……。今のところ一番の作品って……じょしらく?

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター