忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4192] [4191] [4190] [4189] [4188] [4187] [4186] [4185] [4184] [4183] [4182]

「電波教師」 4→2

 昨今では珍しい、誰が見ても駄目だと分かる素晴らしい作品。確かにアニメ業界の苦境は様々な方面で報じられている通りだが、大体は総集編を挟んで逃げたりするし、駄目だとは言ってもヤシガニやキャベツレベルの崩壊は過去の話。最近はなかなかお目にかかる機会も無い。

 しかし、それを可能にしたのが今作。何が凄いって、どこか1話が破綻するのではなく、シーズンを通じて、全ての話数で作画がぶっ壊れているということだ。つまり、どこかの各話担当作監が駄目だったとか、たまたまアクの強い演出家に任されたとか、製作スケジュールのキツさがどこかで限界を超えたとか、そういうことじゃない。「最初から最後まで駄目なまま作り続けた」のだ。製作はA-1であるが、流石にここまでぶっ壊れた作品を今まで世に送り出したことはなかったはず。一体何が起こった。どう考えても、「仕方なくそうなった」というよりは、「この品質でいいと誰かがゴーサインを出した」ようにしか見えない。これだけ致命的な状態での放送というのは本当に貴重な現象であるから、「駄目な作画ってなに?」が経験したい人は、今作は手軽にそれが学べる必須の作品といえる。

 元々、漫画の中身の方は大して期待するようなものでもなかった。いわゆる「教師もの」に、さらに「主人公がオタク」という要素も加わるわけだが、主人公の鑑の性格は、いわゆる「ネットでイメージされた非実在オタクのテンプレ」そのものであり、台詞の全てが痛々しい上に現実感も無い。「オタク」というイメージを上澄みだけ取り出したような魅力に欠けるキャラであり、さらにそんな奴が俺ツエー状態でご高説を垂れ始めるという心底イラッとする作品なのだ。問題を抱えた個々のヒロイン勢もテンプレの域を出ず、作画の悪さも相まって(というかそれが主因となって)一切萌え要素を提供してくれない。これ、せめて原作絵だったら1人2人くらいは「可愛いかもしれない」と思えるキャラもいたのかもしれないが、流石にこのアニメの質では望むべくもない。画が適当、キャラが適当、筋が適当。フルコンボだドン。

 なんで夕方アニメでこんな悲劇的な状態になってしまったのやら……原作者には本当に「ご愁傷様」としかいいようがない。最近のサンデーは本当に不穏な話題ばかりが多く、今作だって「境界のRINNE」と時間帯がまるかぶりというあり得ない状況だったのだ。一体どれほどの熱意で今作を作りあげようとしていたものか。少なくとも、「面白いアニメを作りたい」という意志は全く感じられなかった。

 強いてみるべき点を挙げるとするなら、ヒロインは多いのでキャストは若手を中心にアクの強い面々が集まって面白くはあったが……。そのあたりのニーズは他のアニメで埋め合わせた方がはやいしなぁ。今作はどれだけ声に耳を傾けようとしても、「鑑の妹」という圧倒的な障壁が立ちはだかるのでそれすらままならない。八方ふさがりである。何故こうなってしまったのか、関係しているスタッフは、しっかりと反省して次への備えにしてほしいものである。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター