忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4530] [4529] [4528] [4527] [4526] [4525] [4524] [4523] [4522] [4521] [4520]

「ヘヴィーオブジェクト」 5→3

 むーーーー、駄目やな、やっぱり。基本的に、この作者のテイストは好かんねん。

 好きじゃないとか言っておきながらご丁寧に2クール完走してはいるわけだが、途中からは本当に適当。流し見しかしてない状態ではあるんだけど、それでも「なんかおかしくない?」っていうのが分かるくらいにこの作品は適当なんだ。元々そういう「ナンチャッテ感」を楽しむのが本来の楽しみ方なんだろうね。「禁書目録」の方だって、理屈も感情も全て抜きで、とにかく思いついたことを片っ端から書き連ねていくスタイルであれだけの長期シリーズ(そして人気シリーズ)になったわけだし、今作も野暮で余計な突っ込みはいれず、「作者がそういってるんだからそうなんだろ」と受け入れてしまうのが楽になるための唯一の手段なのだと思う。……いやぁ、でもそれは違わねぇかなぁ。流石に小説の体を取るんだったら最低限の辻褄くらいは合わせてくれよ。「僕の考えた最強の世界」を「僕の考えた最強の世界を打ち破るもっと最強の設定」をいちいち付け足していくだけの話って、筋立ても何もあったもんじゃないやん。いや、そういう作風もそれで突き抜ければありだ。ジャンプ名物のインフレバトルはそういうデザインだからね。ちゃんと「現時点ではここが最強」→「でも、こういう理屈でさらにその上が生み出せます」という展開は(限度はあるが)可能な作劇だ。

 でも、今作はそうじゃないんだよな。「最強に見えたでしょ? でも違うんだ。ここをこうやって、これをこうすると……ほら! オブジェクトを人間でも壊せるんです!」って、勝手に作った設定資料集と顔を突き合わせた結果ドヤ顔される。いや、それ全部あんたの都合ですやん。俺ら知りませんもん。まずもって「綺麗な戦争」が実現したこの世界自体が訳分からないんですもん。新番チェックの時点でその辺の懸念があって、「まぁ、おいおい説明はあるだろ」って思ったら、無かったんだもん。やっぱり「僕の考えた最強に主人公に都合のいい世界」でしかないんだよなぁ。そもそも序盤戦でちゃっちゃとオブジェクトをぶっ壊した実績が出来た時点で、その後の世界設定に意味が全く無いんだよな。

 そして、こういうへろへろな世界設定のしんどさに拍車をかけるのが主人公達のいちいちイラッとくる台詞回しね。この部分は良い悪いじゃなくて好みの問題なのでひょっとしたら好きな人もいるのかもしれないけど、やっぱり僕は殴りたいとしか思わない。小粋なアメリカンジョーク風を意識してるんだろうけど、うすら寒い印象にしかならんのよね。いや、正直言うと、「寒い台詞を言うクウェンサー」にイラッとするんじゃなくて、「そういう台詞を言うキャラが格好良いだろう」という作者のセンスがイラッとするんだと思う。台詞回しがどのキャラも大体同じテンションだからキャラ特性になってないんだよね。あの言い回しまで全部含めて「世界設定」なんだ。それって作劇としてあんまり上手くないんじゃないのかねぇ。どのシーンでも同じような台詞回しで会話が続くからメリハリがないんだもん。どれだけシリアスにしようとしても「そういう世界」の動かしようがないんだもん。

 まぁ、いいや、多分こういうのが好きな読者層が一定数いるんだろうから、もうこればかりは諦めるしかない……。一応フォローしておくと、フローレイティアさんの全力開けっぴろげエロは嫌いじゃないぜ! っていうか御前が好きだぜ! キャラ設定はグダグダだけど、とりあえずエロい台詞botとしての任務は果たした。そこだけを収穫にして強く生きていくことにします。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター