忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4528] [4527] [4526] [4525] [4524] [4523] [4522] [4521] [4520] [4519] [4518]

「少女たちは荒野を目指す」 6→5

 まさかの子安オチワロタ。ちょっと中盤でだれた部分も多かったが、最終回は綺麗に青春ドリームな終わり方だったので可もなく不可もなしってことにしておきましょう。

 本作は「お仕事もの」であり「学園青春もの」でもある。もちろん最大の売りである前者の要素の方が力点だったと思うのだが、どうしても高校生のお仕事ってことで現実感が乏しかったのが、中盤のいまいち説得力の無い修羅場展開の呼び水となってしまった。そりゃアニメなんだし、そこに現実感を求めるのは間違っているのだろうが、どうしたって「高校生のお遊び」だと思って見てしまうと「お仕事もの」とのかみ合わせは悪くなるよね。

 「決して高校生のお遊びなんかじゃない、真面目にお仕事を取り扱った作品だよ」といわれれば、おそらく目指したものはそういう方向性だということは分かるのだが、残念ながら作中のエピソードがそういうデザインになってないんだ。大体各メンバーが各々1回ずつ問題を起こして、それが原因で仕事をするだの辞めるだのという騒ぎになるわけだが、その部分にプロフェッショナルな精神が介在してこないからね。意見が合わずにすぐいなくなるプログラマー、ペース配分が出来ず頑張りますと言っておいて仕事に穴をあけそうなグラフィッカー、自分のわがままでスケジュールが押しそうになり、まわりに不平をいう声優。そうした面子が集まってしまっているので、「どうせお遊びだろ」と言われてもしょうがない。そして、そんな面々が紆余曲折を経て最終的には一致団結、命を削る修羅場をくぐり抜けてゲームの完成に辿り付くわけだが、この修羅場の描写についても、なんだかよく分からない雰囲気だけの描写になってしまっている。主人公・文太の筆が進まなくなるスランプ、メインヒロインの演技をしようにも満足出来ない夕夏。各々の苦労について、非常にまっとうなテンプレートに乗っているおかげで理解は出来るのだが、それが実際にどういう症状なのかというところまでは真に迫らない。おかげで、ノルマのようにして問題発生→解決のルーティンを見せられているように感じてしまう部分が多かった。借金返済の話を聞かされ、一旦解散から再集結までの流れなんて、その間に何事もなくて、本当に「一旦ここで離散して、後は流れでお願いします」みたいなもんだったし。全体的に、シナリオの真実味が薄いのである。

 でもまぁ、これはしょうがない部分ではあるとも思う。脚本家は本職なのだから、真に迫ってこの問題を描くことも出来ないわけではないだろう。しかし、アニメを観ている視聴者はそこで「リアルなもの」を見せられても、「知らんがな」で終わってしまう可能性が高い。偉そうなことを書いてはいるが、私だってエロゲー業界の悲喜こもごもなんてさっぱり知らんし、そこで微に入り細を穿ち詳述されても、全然視聴者に届かない自己満足に終わっていた可能性もあるだろう。短い尺の中でそんなことをするくらいなら、テンプレ的なお約束「トラブル」を通過儀礼として描き、後の部分はノリと勢い、「学園青春ドラマ」の一要素として飲み込んでしまった方が全体像は描きやすくなるのだ。実際、1クールの作品として俯瞰したとき、「まぁ、これはこうなるやろな」という予定調和な安心感はあるのだ。それは悪いことばかりではないはずだ。こうしてみると、問題の深いところまでかなりの密度で食い込んでいた「SHIROBAKO」ってやっぱり凄かったんだと思う。ま、1クールと2クールの差もあるからね。

 あとはまぁ、青春アニメですので、色恋だのなんだのがちらほらあって、女性キャラには適宜萌え要素を分配。それがギャルゲーとして生み出されたこの作品の求められる最大のものだ。個人的にはそりゃトリちゃん一択になるところだが、まぁ、どのヒロインもそこまで没入度は高くないかなぁ。一番気に入ったのは、どこまでも外道だったライバル会社のプロデューサーだったり。だってサトリナボイスであそこまで下衆いキャラって初めてじゃない? 今期はサトリナが敵になるアニメが複数放送されるという希有なシーズンだったので、そこはとても満足です。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター