忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4226] [4225] [4224] [4223] [4222] [4221] [4220] [4219] [4218] [4217] [4216]

○「ヘヴィーオブジェクト」 5

 アルドノアの2期目が始まったよー。いや、マジで冒頭の花江君のナレーションでそんな感じだった。巨大兵器「オブジェクト」の稼働している場面ではCG作画が中心なので、J.C.の作画でもA-1の作画でも大した違いは無いしな。

 導入は割と面白い。ひたすらナレーションだけで世界観を説明しきってしまうのは色々と悩ましい部分もあるのだが、前提条件として提示しなければ話にならないのだからそこはしょうがないだろう。すげぇ簡単にまとめると「まぁ、なんか好き放題戦争が起こってもおかしくない世界設定にしたよ」っていうだけの話である。そこに「超巨大決戦兵器」という「オブジェクト」という本作独自の要素が加わり、「とにかく、現代世界設定ででっかい何かと戦いたいんや」という舞台が整った。「アルドノア」も火星のカタフラクトというトンデモ兵器と量産機で戦うという戦力差の部分が面白味に繋がる(はずの)作品だったが、今作はさらに、ラストで主人公が「生身で」と言ってしまっている。すげぇムリゲー感。そこで「柔よく剛を制す」どころか「ミニマムよくギガントを制す」になれば、そりゃお話としては盛り上がるだろうよ。

 制作は上述の通りにJ.C.。そして監督は渡部高志というある意味で安定の極みみたいなラノベアニメ布陣。そして、これの原作って「禁書」の原作者なのね。「禁書」シリーズもまだ完結はしてないんだよな、2本同時に展開してて、さらにどちらもアニメ化とか、随分な売れっ子である。個人的には禁書シリーズもなんだかんだ言いながら慣れてきたので特に悪印象を持っているわけではないのだが、ただ、やっぱり今作みたいに改めてフラットな視点でみると、台詞の鬱陶しさは軽くイラッとするな。そういうのが持ち味で、好きな人はこれが好きなんだろうけども。厭世的なくせにネアカなキャラの物言いって、突き詰めればミサワ的な発言になるわけで、なんかイラッとしません? 多分回りにいたら「うるせぇ」ってぶん殴ってると思う。

 そして、そんな細かいキャラの造形以外にも、「なーんか世界設定が適当だよな」という部分も引っかかる。「コメット・ルシファー」みたいに説明されなかったらそれはそれで気になるが、今作みたいに1話目で一気にダダダダッと説明されても、「いや、その設定でもそうはならんやろ」というディティールが気になる。今作の世界は、よくある「世界的に戦争状態になっちゃった地球」をベースにしているのだが、そこに「オブジェクト」という特別な要素が介入することで、「綺麗な戦争」が実現した(してしまった)というのがお題目。おかげで、紛争状態なのに主人公達はお気楽に軍事活動に参加しているし、上官の女性も「指先1つでお手軽戦争」みたいな話をしていた。でも、そうはならないよね。もし「特別に強い兵器」が生み出されたとしたら、その所有権を持つコミュニティが圧倒的強さを発揮するだけだ(それこそ火星のカタフラクトのように)。製造のノウハウが多数の対立国家に拡散して「どの国でもオブジェクトが持てる」という条件になったなら、今度は「大量のオブジェクトが作れる国」が物量で優位に立つはずである。少なくとも「どの国も似たような数のオブジェクトを保有し、それらの間で戦争の優劣を決めましょうね」なんて展開にはなるはずがない。また、どれだけ表に立つ兵器が強いとしても、あくまでコントロールしているのが人間ならば、兵器が叩くべきは人間、つまり、人の死はどこにでも付きまとう。オブジェクトの操縦者が重要な役割を果たすとすれば、どでかいボーリング玉なんか無視して、その統制系統を狙うべき。操縦者の女の子がのんきに外で遊んでいるなんて、流石に戦時下という意識が低すぎるだろう。どうにもイマジネーションが刺激されにくい設定なのである。

 まー、ひょっとしたら1話目で語り切れなかったもっと複雑な設定もあるのかもしれないし(そして無いと困るし)、まだまだ見続けないとこの先は解決しないだろうが……ただ、「禁書」の例を見るに、この作者ってあんまりしっかり設定のベースを整えないで勢いで書いていくタイプなんだよね。ま、派手な戦闘が売りの作品になるなら、それはそれで面白くなりそうだし、良しとするか。とりあえず、でっかいカプールみたいなオブジェクトがモゾモゾ動く画だけでしばらくは楽しませてもらおう。

 中の人は、花江・石川という恐ろしいまでの固定面子が気楽にお仕事してる感。そして注目はおっぱいバインド姫様だね。鈴木絵理っていう名前を見ても「ん? どっかで見た気が……」というだけで思い出せなかったのだが、なるほど「六畳間」の早苗ちゃんである。出演作は少ないけど2作品でメインヒロイン(早苗ちゃんがメインヒロインだったとすればね)。出世街道と見ていいのかどうか……頑張れ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター