忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4525] [4524] [4523] [4522] [4521] [4520] [4519] [4518] [4517] [4516] [4515]

「ラクエンロジック」 4→4

 結局ロジックってなんやねん。ことある事に「ロジックが、ロジックが」って言ってたけど、ロジック=論理だとしたらおかしすぎるんだよ。いや、途中からは完全に「気」とか「念」みたいな意味だと割り切ってましたけど。「どちらのロジックが強いか、勝負だ!」っていう試合、もしもガチでディベート形式になったら面白かったのに。

 基本的には「ディバインゲート」と同じ評価。ぶっちゃけるとどちらも同程度に適当な視聴体制なので、途中からごっちゃになって何がなんだか分からなくなりかけた。その上でこちらの方がやや観やすかったのは、多分冒頭にあるラクロジ宣伝アニメのおかげ……ではなく、まぁ、設定がシンプルだったからだろうね。大雑把にまとめちゃえば「なんか地球を脅かすやつら」VS「地球防衛機関」の戦いっていうだけなので、バトルすること自体には面倒臭い理屈が必要無い。その上で人間と女神の合体っていうシステムが加わるのでやたらと登場人物が多くなってしまうのは悩ましいところだが、割と色んなキャラにちゃんとお当番回が回ってきてキャラが掘り下げられていたので、有象無象の女の子たちにも一応は区別が付くようになった。個々のエピソードが面白かったかどうかはまた別問題だけどね。ケツァルカトルのところのコンビみたいに、ヘンテコなエピソードがあるのは嫌いじゃなくてよ。

 気になるのは、これって一応カードゲームの販促(メディアミックス?)アニメなんだよな。このアニメからカードゲームやってみようっていう層はどれくらいいたんだろう……。いや、WIXOSSみたいな奇襲戦法が正解ってことはないんだろうけど、このアニメからカードゲームのことが全然イメージ出来ないんだよね。あくまで世界観を気に入ったプレイヤーが参入するってことなんだろうが、アニメで描いた世界観をカードゲームに落とし込むのって、すげぇ難しいんだよ。そのあたりの完成度はどうなっているのか気になるが……でもカードは買いたくない……(Magicだけで手一杯なんだよ)。今後もこういう形態のゲーム&アニメってのは深夜アニメで出てくるんでしょうかね。日本のアニメ文化だと結局ヴァンガードあたりが一番いい落としどころなんだろうなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター